シンニチ保険WEB

日本生命、組織改正および人事異動を発表

日本生命は、組織改正および人事異動を発表した。
■2022年度 組織改正について(3月25日付)
1.国内保険市場における態勢の強化
・乗合代理店マーケットにおけるチャネル・グループ一体でのマーケット開拓戦略をより一層高度化する観点から、グループ会社も含めた金融機関チャネル・代理店チャネルに係る戦略を担う組織として、「チャネル開発部」を「金融法人・代理店企画部」に名称変更する。
2.新規事業への取り組み強化
・データビジネスや他企業とのアライアンス等を通じた新規事業創出を担う組織として、「総合企画部」内に「事業企画室」を新設する。
(上記に伴い、「データビジネス企画開発部」は収束)
・事業展開に着手しているヘルスケア領域について、さらなる取り組み強化を図る観点から、「営業企画部」内設の「ヘルスケア開発室」を「ヘルスケア事業部」に改組する。
3.データガバナンス態勢の強化
・データビジネスを一層推進していく中、データガバナンス態勢を強化する観点から、従来の情報資産保護体制整備に加え、データ保護やプライバシー保護に関するリスク管理体制整備等も担う組織として、「コンプライアンス統括部」内設の「情報資産管理室」を「リスク管理統括部」に移管する。
4.地域・社会に根差した取り組みの推進およびプロモーションの強化
・地域・社会に根差した取り組みを一層推進していくことに加え、情報発信やディスクローズの充実を通じ、企業価値向上を図る観点から、地域・社会貢献、環境取り組みおよびスポーツアセットの活用等を通じたプロモーション戦略を担う組織として、「コーポレートプロモーション部」を新設する。
(上記に伴い、「オリンピック・パラリンピック推進部」および「CSR 推進部」は収束)
・これまで締結してきた自治体等との包括連携協定に基づき、各種取り組みをより一層推進していく観点から、「法人職域業務部」内設の「地域振興支援室」を「業務部」に移管する。
■2022年度人事異動
1.役員の部(3月25日付)
・鬼頭 誠司(きとう せいじ)氏
<新職>
代表取締 役 副社長執行役員
ホールセール部門、販売スタッフ部門(法人営業関係)担当
金融法人本部管掌
<現職>
取締役 副社長執行役員
ホールセール部門、販売スタッフ部門(法人営業関係)担当
金融法人本部管掌
・松永 陽介(まつなが ようすけ)氏
<新職>
代表取締 役 副社長執行役員
資産運用部門統括
海外事業部門(海外保険事業〔豪州に関する事項以外〕、海外アセットマネジメント事業、海外事務所関係)、資産運用部門(融資、不動産関係)、海外事業スタッフ部門(海外事業企画関係)、資産運用スタッフ部門(財務企画関係)担当
(アセットマネジメント事業推進担当)
<現職>
取締役 副社長執行役員
資産運用部門統括
資産運用部門(融資、不動産関係)、資産運用スタッフ部門(財務企画関係)担当
(アセットマネジメント事業推進担当)
・三笠 裕司(みかさ ゆうじ)氏
<新職>
取締役 副社長執行役員
コンプライアンス部門、リスク管理部門、内部監査部門(コンプライアンス部門、リスク管理部門、海外事業スタッフ部門(海外事業管理関係)に対する監査以外)、海外事業スタッフ部門(海外事業管理関係)担当
<現職>
取締役 専務執行役員
総務スタッフ部門(IT 統括・推進関係)、事務スタッフ部門(サービス企画・業務・教育、お客様サービス、引受、支払関係)担当
お客様サービス本部長委嘱(グループIT 担当)
・大澤 晶子(おおさわ あきこ)氏<新職>
取締役 常務執行役員
資産運用部門(有価証券、特別勘定運用関係)担当
<現職>
取締役 執行役員
資産運用部門(有価証券、特別勘定運用関係)担当

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

明治安田生命、オイロパ社(ポーランドの保険会社)の株式を追加取得

損保

MS&ADホールディングス、三井ダイレクト損保の100%子会社化を発表

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

ジブラルタ生命、機構改革および人事異動を発表

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2022」公演開始

生保

大樹生命、持続可能な社会の実現に向けた取組みを発表

生保

日本生命、「ロジクロス相模原」着工