新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、大樹生命、資産運用機能の一部移管にかかる移管日が内定

日本生命と大樹生命は、2019年12月26日付プレスリリース「日本生命グループの資産運用態勢高度化に向けた資産運用機能の一部移管について」にて、グループの資産運用態勢の高度化を目的に、日本生命および大樹生命のクレジット投資※1とオルタナティブ投資※2の機能を、ニッセイアセットマネジメント株式会社(以下「ニッセイアセット」)へ移管する方針を決定し、準備を進めてきた。
今般、大樹生命の当該機能を「2022年3月25日(以下「移管内定日」)」に移管することを内定した。移管内定日に大樹生命とニッセイアセットにて投資一任契約を締結する予定である。
なお、2021年3月4日付プレスリリース「日本生命グループの資産運用態勢高度化に向けた資産運用機能の一部移管にかかる移管日内定についてのお知らせ」の通り、日本生命の当該機能は2021年3月25日に移管している。
※1 社債等の信用リスクをリターンの源泉とする資産への投資
※2 プライベートエクイティやインフラ等の資産への投資
世界的に低金利化が進み、厳しい運用環境が継続する中、日本生命グループではクレジット投資やオルタナティブ投資の強化により、資産運用利回りの向上を目指している。
移管済の日本生命に加え、大樹生命の当該機能も移管することで、日本生命グループの専門人材の結集やノウハウの共有等を通じて、運用態勢の更なる強化を図っていく。
また、グループのアセットマネジメント事業の中核であるニッセイアセットは、日本生命、大樹生命からの機能移管による生命保険一般勘定資産の長期・安定運用のノウハウ等を活用することで、一層質の高い資産運用サービスをお客様に提供し、更なる信頼獲得を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「資産運用立国」の実現に向けた東京海上グループの取り組みについて

生保

T&Dホールディングス、第20回定時株主総会第2号議案に関する議決権行使助言会社ISS社の反対推奨について見解を発表

生保

日本生命、株式会社第四北越フィナンシャルグループとの地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

損保

大同火災、一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法 一体型)を公表

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

生保

第一生命ホールディングス、株式会社ベネフィット・ワンの完全子会社化

損保

MS&ADホールディングス、MS&ADベンチャーズのマネージングパートナーが「世界の優れたシード投資家(Seed100)」に選出

損保

東京海上ホールディングス、子会社の役員に対する譲渡制限付株式ユニット(RSU)によるRSU)による事後交付型株式報酬制度の導入

損保

東京海上ホールディングス、政策株式を売却へ

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得に係る事項を決定

関連商品