シンニチ保険WEB

日本生命、大樹生命、資産運用機能の一部移管にかかる移管日が内定

日本生命と大樹生命は、2019年12月26日付プレスリリース「日本生命グループの資産運用態勢高度化に向けた資産運用機能の一部移管について」にて、グループの資産運用態勢の高度化を目的に、日本生命および大樹生命のクレジット投資※1とオルタナティブ投資※2の機能を、ニッセイアセットマネジメント株式会社(以下「ニッセイアセット」)へ移管する方針を決定し、準備を進めてきた。
今般、大樹生命の当該機能を「2022年3月25日(以下「移管内定日」)」に移管することを内定した。移管内定日に大樹生命とニッセイアセットにて投資一任契約を締結する予定である。
なお、2021年3月4日付プレスリリース「日本生命グループの資産運用態勢高度化に向けた資産運用機能の一部移管にかかる移管日内定についてのお知らせ」の通り、日本生命の当該機能は2021年3月25日に移管している。
※1 社債等の信用リスクをリターンの源泉とする資産への投資
※2 プライベートエクイティやインフラ等の資産への投資
世界的に低金利化が進み、厳しい運用環境が継続する中、日本生命グループではクレジット投資やオルタナティブ投資の強化により、資産運用利回りの向上を目指している。
移管済の日本生命に加え、大樹生命の当該機能も移管することで、日本生命グループの専門人材の結集やノウハウの共有等を通じて、運用態勢の更なる強化を図っていく。
また、グループのアセットマネジメント事業の中核であるニッセイアセットは、日本生命、大樹生命からの機能移管による生命保険一般勘定資産の長期・安定運用のノウハウ等を活用することで、一層質の高い資産運用サービスをお客様に提供し、更なる信頼獲得を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けを実施

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

生保

日本生命、「ニッセイ・グリーンローン」の取り扱い開始

生保

日本生命、首都圏・近畿の賃貸オフィスビルで再生可能エネルギー導入を推進

生保

明治安田生命、円建劣後ローンによる調達を実施

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

ライフネット生命、譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行の払込を完了

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

日本生命、「第3期データヘルス計画支援レポート」の提供開始

生保

大樹生命、竹内涼真さん出演 新CM『大樹セレクト 人生のステージ篇』