シンニチ保険WEB

大同生命、2022年1月度調査レポートを公表 中小企業のがん対策のカギは「経営者の関心向上」

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象としたアンケート調査「大同生命サーベイ」を、2015年10月から毎月実施している。
今般、「中小企業のがん対策」について「がん対策推進企業アクション(厚生労働省委託事業)」と共同調査を実施した2022年1月度レポートを公表した。
◆専門家意見<中川恵一 がん対策推進企業アクション議長>
中小企業経営者のがん対策への関心は75%が「ある」と回答しており一定の水準にあるものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響は、がん検診の定期的な受診に影響を及ぼしていることが改めて明らかとなった。
新たながん患者数は昨年来大きく減少(国立がん研究センター調べ)しているが、これはコロナ禍でがん検診の受診ができなかったことが主な理由とされており、定期的ながん検診の受診が望まれる。
また、「従業員に対するがん検診の実施」や「治療と仕事の両立支援」については、経営者自身のがん対策への関心度に比例しており、中小企業のがん対策の推進には経営者自身の意識改革が不可欠である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

ライフネット生命、第16回定時株主総会出席者アンケートの集計結果を開示