シンニチ保険WEB

かんぽ生命、ESGを配慮した物流施設を投資対象としたファンドへ出資

かんぽ生命は、東急不動産の100%子会社である、東急不動産キャピタル・マネジメント(以下「TLCM」)が資産運用業務を行う私募ファンド「LOGI’Q1コアファンド」への投資を実施した。
「LOGI’Q1コアファンド」は、全国主要物流需要エリアにおいて東急不動産が開発する先進的物流施設「LOGI’Q(ロジック)」を投資対象としている。
東急不動産、TLCMは、同ファンドにおいて、東急不動産の物流施設計画指針に則り、CASBEE※Aランク等の各種環境認証の取得、緑化等のヒートアイランド対策、太陽光発電等再生エネルギー活用、セキュリティ確保、災害・BCP対策等のESG投資基準を定めており、ESG投資を通じて持続可能な環境や社会の実現に貢献するとしている。
※ CASBEE(キャスビー:建築環境総合性能評価システム)は、日本国内の新築・既存建築物を評価対象とする、建築物の環境性能評価システム。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

生保

かんぽ生命等、業務改善計画の進捗状況を公表

生保

かんぽ生命、三井物産と不動産等のアセットマネジメント事業で資本・業務提携

損保

東京海上ホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」に選定

損保

三井住友海上、『マイナビ健康経営』『マイナビ AGENT』においてマイナビと業務提携

生保

PGF生命、新たに山梨中央銀行と提携

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

損保

三井住友海上、運送事業者向け安全運転ソリューション『True SAFE』の提供開始

生保

かんぽ生命、2022年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示