新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、ESGを配慮した物流施設を投資対象としたファンドへ出資

かんぽ生命は、東急不動産の100%子会社である、東急不動産キャピタル・マネジメント(以下「TLCM」)が資産運用業務を行う私募ファンド「LOGI’Q1コアファンド」への投資を実施した。
「LOGI’Q1コアファンド」は、全国主要物流需要エリアにおいて東急不動産が開発する先進的物流施設「LOGI’Q(ロジック)」を投資対象としている。
東急不動産、TLCMは、同ファンドにおいて、東急不動産の物流施設計画指針に則り、CASBEE※Aランク等の各種環境認証の取得、緑化等のヒートアイランド対策、太陽光発電等再生エネルギー活用、セキュリティ確保、災害・BCP対策等のESG投資基準を定めており、ESG投資を通じて持続可能な環境や社会の実現に貢献するとしている。
※ CASBEE(キャスビー:建築環境総合性能評価システム)は、日本国内の新築・既存建築物を評価対象とする、建築物の環境性能評価システム。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

生保

かんぽ生命、2024年3月期決算を発表

生保

かんぽ生命、大和証券グループの資産運用分野における資本業務提携を締結

生保

日本郵政グループとアフラック、「資本関係に基づく戦略提携」における持分法適用と提携関係が発展

生保

日本生命、木造営業拠点「群馬富岡オフィス」を新築

生保

アフラック生命、兵庫県姫路市とがん検診等受診率向上推進協定を締結

生保

かんぽ生命、対面営業AIアプリの試行を開始~スタートアップ企業のイノベーション創出力を活かした取組み

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

関連商品