シンニチ保険WEB

明治安田生命、安田倉庫株式会社向け「ソーシャル・ハイブリッドローン」に融資

明治安田生命は、安田倉庫株式会社を借入人、みずほ銀行をアレンジャー(幹事)とするシンジケーション方式による国内初の「ソーシャル・ハイブリッドローン」(以下「本ローン」)に融資を行うことを決定した。
ソーシャルローンとは、国際ガイドラインである「ソーシャルローン原則」に準拠し、社会的課題の解決・緩和に資する事業の資金を調達するために実行されるローンのことである。
また、ハイブリッドローンとは、負債と資本の中間的性質を持ち、負債であることから株式の希薄化は発生しない一方、利息繰延、超長期の償還または返済期限、清算手続および倒産手続における劣後性等、資本に類似した性質および特徴を有し、格付機関から調達金額の一定割合に対して格付上の資本性認定を受けることができる資金調達手法となる。
本ローンは、第三者評価機関である株式会社日本格付研究所(JCR)から「ソーシャルローン原則」および金融庁の「ソーシャルボンドガイドライン」に準拠している旨の評価を取得しており、「JCRソーシャルローン評価」の最上位評価である「Social 1」の総合評価を取得している。
同社は、「ESG投融資方針」に則り、ESGの観点を投融資の意思決定に組み込むことを推進している。引き続き、持続可能な社会の実現に貢献する資産運用を行なっていく。
【案件の概要】
借入人 安田倉庫株式会社
契約締結日 2022年2月24日
資金使途 医療課題の解決に資するメディカル物流施設の土地取得・建設資金に係るリファイナンス
組成総額 150億円(うちソーシャル認証トランシェ計60億円)
同社融資額 10億円
アレンジャー(幹事) 株式会社みずほ銀行

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

明治安田生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

明治安田生命、「CO2排出量ネットゼロへのロードマップ」を策定

生保

明治安田生命、「2022年度カスタマーサポート表彰制度」において「優秀賞」を受賞

生保

明治安田生命、健康チェック「先進健康測定機器体験会」を展開

生保

明治安田生命、「『お客さまの声』白書2022」を発行