シンニチ保険WEB

大同生命、「クオリティ格付け」国内初、2年連続満点での最高評価「三つ星」獲得

大同生命は、HDI-Japan社が主催するHDI格付けベンチマーク「クオリティ格付け」において、コールセンター(お客さま窓口)、サポートデスク(代理店窓口)の両窓口で、2年連続、満点での最高評価「三つ星」を獲得した。
複数の窓口が、2年連続でクオリティ評価5項目すべて満点(これ以上改善余地がないレベル)での「三つ星」獲得は国内初である。
同社では、問い合わせ窓口におけるサービス品質の向上に努めるとともに、在宅受電の導入や電話応対スキルの向上に取組むなど、オペレーターが安心して就業し、成長できる環境づくりも積極的に行っている。これからも、高品質の電話サービスを安定提供していくことで、「最高の安心」と「最大の満足」を届ける生命保険会社を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、INSURANCE ASIA AWARDS 2022を受賞

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計15,000件を突破

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

オリックス生命、長崎ビジネスセンターが「N ぴか」で最高評価五つ星を取得

生保

ソニー生命、「NTT コム オンライン NPS(R)ベンチマーク調査2022」の2部門で第1位を受賞

損保

MS&ADベンチャーズのパートナーが「シリコンバレーで活躍する女性リーダー」に選出

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表