シンニチ保険WEB

第一生命、新サービス「団信パスポート」を開始

第一生命は、出資先である住宅ローンテック企業のiYellと、保険分野ならびにQOL向上に資する協業のさらなる推進に向けて、団体信用生命保険における新たなサービスとして「団信パスポート」をリリースしたこと、ならびに住宅ローンの借り換えを検討しているお客さまにiYellの「住宅ローン借り換えサービス」を紹介する取組みを開始した。
1.「団信パスポート」について
「団信パスポート」※は、住宅購入者がiYell経由で住宅ローン手続きを行うケースにおいて、住宅ローン審査に先駆けて団信審査を行い第一生命が加入を内諾した場合に発行する。団信の加入は、住宅ローン融資条件となっているケースが多く、融資審査が進んだ後に団信の加入が不可となった場合、お客さまが融資自体を諦めざるを得ないケースや融資条件を変更せざるを得ないケースも想定される。そのため、「団信パスポート」をあらかじめ取得することで、住宅購入者は安心して住宅の検討や住宅ローン手続きを行うことができる。
※ 「団信パスポート」は、本プレスリリースの時点では第一生命が団信の幹事保険会社である「みずほ銀行」で使用できる。
<団信パスポートのポイント>
・通常は住宅ローンの審査のタイミングで行われる団信審査を、融資審査の前にあらかじめ実施することができる。
・団信審査の結果、第一生命が加入を内諾した場合に「団信パスポート」を発行する。
・団信パスポートは、該当金融機関(サービス開始時は「みずほ銀行」)における融資審査に活用できる。
2.「住宅ローン借り換えサービス」紹介について
お客さまのQOL向上に向けた取組みとして、同社生涯設計デザイナーによるiYellの「住宅ローン借換サービス」の紹介活動を開始した。住宅ローンの借り換えを検討しているお客さまへ、iYellに所属している住宅ローンの専門家が全国の金融機関の中からお客さまにメリットのある住宅ローンを提案、借換に必要な手続きをサポートする。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、「東和銀行がおすすめするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

生保

第一生命と第一フロンティア生命、大和ハウスリート投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドに投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、清水銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

明治安田生命、ベストスタイル<5年ごと配当付組立総合保障保険>の新たな特約を発売

損保

SBI損保、松本信用金庫における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に合意

損保

三井住友海上、再生可能エネルギー発電事業者・アグリゲーション事業者向け「インバランスリスク補償保険」の販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、七十七銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)、『働くあなたにやさしい保険2』の販売を開始

生保

PGF生命、静岡銀行で「米国ドル建養老保険(18)」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、山陰合同銀行・富山銀行を通じ、『みらいのみまもり』を販売開始

損保

東京海上日動、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」を創設