シンニチ保険WEB

明治安田生命、カーボンニュートラルファンドへのインパクト投資を実施

明治安田生命は、Zエナジーが運営する「カーボンニュートラルファンド1号投資事業有限責任組合」に10億円の投資を決定した。本ファンドへの投資を通じ、経済的リターンの獲得と同時に、国内のCO2総排出量削減に対する社会的インパクトを創出することにより、再生可能エネルギーの普及・拡大、ならびに日本の脱炭素社会の実現に向けて貢献していく。
本ファンドのインパクトファイナンスは、環境省の「グリーンファイナンスモデル事例創出事業」の“国内初のモデル事例”として、「インパクトファイナンス(インパクト特定型)」に選定された。GSG国内諮問委員会が公表した「インパクト測定・マネジメントに係る指針」に沿ったインパクト投資の実践を企図し、投資戦略、組成・ストラクチャリング、およびモニタリング・エンゲージメントにおいてモデル性のある事例であることが評価されている。
同社は、「ESG投融資方針」に則り、資産運用業務においては、国連責任投資原則(PRI)への署名などを通じて、ESGの観点を投融資の意思決定に組み込むことを推進している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、東海旅客鉄道株式会社が発行する「第86回無担保普通社債(社債間同順位特約付)(グリーンボンド)」に投資

生保

日本生命、九州電力が発行するトランジション・ボンドに投資

生保

第一生命と第一フロンティア生命、大和ハウスリート投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドに投資

生保

明治安田生命、ベストスタイル<5年ごと配当付組立総合保障保険>の新たな特約を発売

生保

明治安田生命、2021マイハピネス フォトコンテスト入賞作品を決定

生保

明治安田生命、「みんなにやさしい保険アクセス」(金融包摂の取組み)を展開

生保

朝日生命、「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

朝日生命、アフリカ開発銀行が発行する『ソーシャルボンド』に投資並びに引き受けを発表

生保

住友生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資