シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、AIによる自動音声応答サービスを導入

SOMPOひまわり生命は、2021年12月14日から株式会社BEDOREのAI自動音声対話エンジン「BEDORE Voice Conversation」を利用した新たなお客さまサービス(自動音声応答サービス)を導入する。
1.背景・目的
同社は、お客さまを健康にする「健康応援企業」への変革を目指し、保険本来の機能(Insurance)に健康を応援する機能(Healthcare)を加えた「Insurhealth(R)(インシュアヘルス)」を、新たな価値として提供している。
より多くのお客さまに「Insurhealth(R)(インシュアヘルス)」の価値を提供するため、同社保険商品の資料請求のフリーダイヤルにAIによる自動音声応答サービスを導入する。
2.内容
自動音声応答サービスは音声案内に沿って対話することで、AIが「ご希望する商品」「お名前」「住所」「電話番号」を自動で識別・復唱・受付まで完了する。混雑した時間帯の連絡でも24時間365日、お客さまを待たせることなく受付が可能となる。
また、オペレーターによる電話対応も継続するが、オペレーター対応品質に関するアンケートもAIにより自動化する。対話終了時に、アンケート用の自動音声対話に電話を転送することで対話直後のアンケート回答を実現し、お客さまの負担軽減と鮮度の高い回答を得ることが可能となる。
3.今後の展開
今後も同社は、お客さまを健康にする「健康応援企業」として、お客さまが健康になるための「毎日」に寄り添い、更なる利便性向上を目的として、お客さまのニーズに応じたサービスを提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、2022年3月末 市場整合的エンベディッド・バリューを開示

生保

SOMPOひまわり生命、2021年度決算

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

生保文化センター、生命保険をテーマに作文を募集

生保

SOMPOひまわり生命、山形県上山市へ健康機器を贈呈

生保

明治安田生命、「みんなにやさしい保険アクセス」(金融包摂の取組み)を展開

生保

アフラック生命、デジタルテクノロジーを最大限に活用した新たなサービス「ADaaS:アダース」提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車の走行データを活用した「交通安全EBPM支援サービス」を開始

損保

損保ジャパン、足利市、足利小山信用金庫、ファイナンシャル・ソリューションズとの『地方創生ならびにSDGs推進に関する包括連携協定』を締結

生保

東京海上日動あんしん生命、お客様に最適な相談相手を紹介するマッチングサービスの運用開始