シンニチ保険WEB

住友生命、ヨコハマSDGsデザインセンターの新拠点が「横濱ゲートタワー」にオープン

住友生命、鹿島建設株式会社(以下「鹿島建設」)、三井住友海上は、みなとみらい21中央地区58街区で進める「横濱ゲートタワープロジェクト」において、横浜市と連携協定を締結し、その取組みを協働で推進している。
この度、本協定に基づく取組みにおいて、2021年12月17日に、横浜市等がSDGsに取り組む中間支援組織として運営する「ヨコハマSDGsデザインセンター※1」の新拠点が「横濱ゲートタワー」にオープンすることとなった。
新拠点では、SDGsに関する相談窓口を設置するほか、ヨコハマSDGsデザインセンターが多様な主体と連携して取り組んでいるプロジェクトを動画等で紹介し、SDGsを学び、感じ、取り組むきっかけを提供する。また、SDGsに関するイベント等の開催を通じ、SDGsに取り組む国内外の主体との更なる連携強化に取り組む。
※1 ヨコハマSDGsデザインセンターとは、「SDGs未来都市・横浜」の実現を目指し、環境・経済・社会的課題の統合的解決を図る「横浜型大都市モデル」の創出に向け、多様な主体との連携により自らも課題解決に取り組む中間支援組織である。
1.新拠点の概要
場所:「横濱ゲートタワー」低層棟3階
営業時間:平日11:00~16:00
2.新拠点における取組み
a.相談窓口・コンサルティング
b.SDGsに関する学習活動の支援
c.イベント開催等による情報発信
d.SDGsの取組み展示
3.横濱ゲートタワーの概要※2
所在地:横浜市西区高島一丁目2番5
交通:JR・私鉄等「横浜駅」徒歩6分、みなとみらい線「新高島駅」徒歩1分
敷地面積:9,307.95平方メートル
延床面積:約84,000平方メートル
用途:事務所、にぎわい施設、店舗、駐車場
構造規模:S造(制震構造)、地下1階・地上21階
設計:鹿島建設株式会社
施工:鹿島・鉄建・小俣建設共同企業体
工期:2019年4月着工、2021年9月竣工、2022年3月まちびらき(予定)
※2 本ニュースリリースの内容は発表日現在のものであり、今後、変更となる可能性がある。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「2022ジャパンパラ陸上競技大会」で米岡聡選手、道下美里選手、神下豊夢選手が各種目で優勝

損保

損保ジャパン、北海道警察と『安全・安心な北海道の実現に向けた連携協定』を締結

生保

住友生命、横浜F・マリノスが「セルソースPFC-FD保険」を導入

損保

三井住友海上、「メタバースプロジェクト」始動

損保

三井住友海上、再生可能エネルギー発電事業者・アグリゲーション事業者向け「インバランスリスク補償保険」の販売開始

損保

三井住友海上、信用力 スコアリングサービス「個人向け自動車ローン等の審査モデル」構築

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の支払対応を通じた罹災証明書の申請サポートを全国に展開

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、ロシア・ウクライナ情勢を踏まえた対応を発表

生保

住友生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

損保

三井住友海上、アスリート3名が入社