シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年10月度調査レポートを公表

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象としたアンケート調査「大同生命サーベイ」を、2015年10月から毎月実施している。
今般、「SDGsの取組状況」について調査した2021年10月度レポートを公表する。
<ポイント>
■景況感
「現在の業況(景況感)」(業況DI)は▲24.4pt(前月差+3.0pt)、「将来の見通し」(将来DI)は6.7pt(前月差+4.8pt)となり、いずれも改善傾向となっている。
■SDGsの取組状況(2021年10月度調査テーマ)
SDGsについて、「名称・内容ともに知っている」が51%と、前回調査(2019年9月)から38pt上昇した。
一方、「SDGsに取組んでいる」と回答した企業は24%と、前回調査から14ptの上昇に留まり、いまだ十分に取組みが進んでいない状況である。
SDGsに取組むうえでの課題として、「SDGsに詳しい人材の不足」や「設備投資などの資金確保」などが挙げられている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、『人気犬種ランキング2022』を発表

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】しずおか焼津信用金庫と共同寄付スキームの取扱いを開始

生保

大同生命、創業120周年記念事業を展開~サステナブルな社会の実現に向けて~

生保

日本生命、インターネットアンケート「2021年の振り返りと新年への期待」実施

損保

損保ジャパン、「子ども向け自転車交通安全講習サービス」を開発

損保

SOMPOホールディングス、「仕事に対する価値観の変容に関する意識調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、「幸福度(Wellbeing)の変容に関する意識調査」を実施

生保

ジブラルタ生命、「家族愛に関する調査2021」を実施

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】城北信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始