シンニチ保険WEB

第一生命、中小企業を中心に約3万社に「SDGsに関するアンケート調査」を実施

第一生命は、2021年6月21日~9月30日の期間で全国30,160社の企業を対象にSDGs取組みの実態調査を目的としたアンケート調査を実施した。アンケートは株式会社第一生命経済研究所で集計分析した。
同社は、今年度より「安心の先にある幸せへ。」を新ビジョンとして掲げ、これまで提供してきた「生命保険」の枠を超えて、一人ひとり違う幸せの実現の手伝いをしていくと考えている。その幸せは、持続的社会(サステナビリティ)があってこそ実現することから、雇用環境改善や脱炭素化の取組み強化の一助となるよう、今回の分析結果を官公庁等や企業の皆さまへ届け、従来以上に地域・社会の持続性確保に貢献していく。
1.調査実施の背景
SDGs(持続可能な開発目標)では、地球上の「誰一人取り残さない」ことを理念としており、SDGsの達成に向けては、一人ひとりの理解や取組みが重要であると考えている。
SDGsに対する調査が様々になされる中で、中小零細企業に対する調査が不足しているという事実から、中小企業を中心にSDGsに対してどのように考え、どのような取組みを行っているのか、日本におけるSDGs研究の第一人者である慶應義塾大学院の蟹江憲史教授が監修し、本調査を実施した。
アンケートの回収サンプルは、都道府県や業種による偏りはあるものの、企業規模別の分布をかなりの精度でカバ-しており、企業全体の約9割を占める50名未満の小規模企業を中心としたSDGs取組みの実態を明らかにしていると考えている。
2.調査結果のポイント
①社会貢献活動に取り組むべきと考える企業は67%に上る一方で、実際にSDGsに取り組んでいる企業は25%と、ギャップが生じている。ただし、従業員の健康管理・促進や会社としての災害対策など、意識的ではないものを含め、SDGsに取り組んでいる企業も一定程度存在。
②SDGs取組みへ望まれる支援として、「助成金制度」(37%)や「税制優遇制度」(29%)など制度的な支援のほか、「何を取り組むべきか教えてほしい」(17%)といったコンサルティング支援の割合が高い傾向。
③SDGsの取組みは、地域や業種による偏りがある項目が見られ、地域別では、「災害対策:テレワーク導入」は東名阪など大都市圏で該当する企業の割合が高く、「SDGs該当取組み:社員の資格取得をサポート」などは低い傾向。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、『人気犬種ランキング2022』を発表

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

第一生命、山田エスクロー信託との提携業務範囲を拡大

生保

第一生命、三井不動産株式会社向けサステナビリティ・リンク・ローンへの融資

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】しずおか焼津信用金庫と共同寄付スキームの取扱いを開始

生保

第一生命、「『どのホテルに泊まってみたいですか?』キャンペーン」を実施

生保

第一生命、QOL向上サイト「ミラシル」の提供開始

生保

日本生命、インターネットアンケート「2021年の振り返りと新年への期待」実施

生保

第一生命、新サービス「団信パスポート」を開始

損保

損保ジャパン、「子ども向け自転車交通安全講習サービス」を開発