シンニチ保険WEB

日本生命、確定給付企業年金向け新商品「ニッセイ一般勘定プラス」の発売

日本生命は、確定給付企業年金向けの新商品として、「ニッセイ一般勘定プラス(確定給付企業年金保険一般勘定特約(2022))」(以下「同商品」)を、2022年4月より発売する。
同商品は、予定利率0.50%を保証し、さらに運用成果等に応じて配当金を支払う商品である。
長引く低金利環境を背景に、同社では、予定利率1.25%を保証する確定給付企業年金保険においては原則新たな引き受けをしてないが、低金利環境においても安定的に資産運用を行いたいというお客様のニーズに、より積極的に応えるために、同社の資産運用力を生かして同商品を開発した。安全性資産として活用することで、確定給付企業年金制度の運営に貢献できるものと考えている。
同社は今後も、お客様のニーズにきめ細かく応えられるよう、魅力的な商品の提供に努めていく。
【Point】
1.確定給付企業年金制度の資産運用を行うための専用商品である。
2.長期的視点に立った投資により、0.50%の予定利率を保証する。
3.運用成果等に応じて、予定利率に上乗せする形で、配当金を支払う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ぜんち共済、株式会社ミライロとデジタル障害者手帳を通じた「ミライロ保険<がん保険>」を開発、販売

生保

T&Dフィナンシャル生命、静岡銀行で『変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)~販売名称「ハイブリッド あんしん ライフ」~』の販売を開始

生保

日本生命、大阪市と包括的連携協定を締結

生保

メットライフ生命、法人向け商品「ブライトビジョン」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、きらぼし銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

損保ジャパン、JGAP/ASIAGAP 認証取得農場向け専用保険制度の提供開始

損保

損保ジャパン、バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険の提供を開始

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

T&Dフィナンシャル生命、中国銀行にて変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)の販売を開始