シンニチ保険WEB

第一生命、「グローバル株式総合口I型」を発売

第一生命は、確定給付企業年金向けの新商品「特別勘定特約 グローバル株式総合口I型」を2022年1月より発売する。
本商品は、株式運用に特化した運用会社であるWCM Investment Management,LCC(以下「WCM」)のクオリティ・グローバル・グロース戦略を採用している。
この運用戦略は、世界の上場企業を投資対象に、WCM独自の視点(参入障壁の強化、企業文化、構造的成長力)で定性判断を中心に銘柄選択を行う。また、それらの銘柄が中長期的な割安度を有していることも確認したうえで、投資判断を行う。
なお、本商品では、集中投資(※1)型の運用を行うことで、ベンチマーク(※2)を上回る収益率の獲得を積極的に目指す。
◆グローバル株式総合口I型(クオリティ・グローバル・グロース戦略)の概要
・プロダクト名
グローバル株式総合口I型(クオリティ・グローバル・グロース戦略)
・運用スタイル
ボトムアップのダウンサイドプロテクションがあるグロース運用
・ベンチマーク
MSCI ACWI(MSCI All Country World Index)(円ベース)
・運用目標
ベンチマークに対する超過収益の獲得(目標値の設定なし)
・保有銘柄目安
30~40銘柄
・売買回転率
25%程度(年率)
・投資対象資産
世界の上場企業(ベンチマークの構成銘柄に拠らず)
・セクター配分
最低15産業への分散投資、1産業あたりの上限15%
また、各セクターのエクスポージャーは35%が上限
・地域配分
新興国の組み入れ比率は、35%が上限
※1 特定の銘柄に集中的に投資すること
※2 ベンチマークは、MSCI ACWI(MSCI All Country World Index)(円ベース)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ぜんち共済、株式会社ミライロとデジタル障害者手帳を通じた「ミライロ保険<がん保険>」を開発、販売

生保

T&Dフィナンシャル生命、静岡銀行で『変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)~販売名称「ハイブリッド あんしん ライフ」~』の販売を開始

生保

メットライフ生命、法人向け商品「ブライトビジョン」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、きらぼし銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

生保

第一生命、山田エスクロー信託との提携業務範囲を拡大

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

損保ジャパン、JGAP/ASIAGAP 認証取得農場向け専用保険制度の提供開始

生保

第一生命、三井不動産株式会社向けサステナビリティ・リンク・ローンへの融資

損保

損保ジャパン、バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険の提供を開始

生保

第一生命、「『どのホテルに泊まってみたいですか?』キャンペーン」を実施