シンニチ保険WEB

メットライフ生命、「長生き時代の資産形成ナビ」を更新

メットライフ生命は、生命保険で資産形成を検討している方に向けて同社ホームページ内で展開している「長生き時代の資産形成ナビ」ページに新規コンテンツを追加し更新した。
同社の調査によると、資産運用の意向を持つ方の割合が各年代とも年々増える傾向にあるが、一方で、資産づくりをしたいけれど、「何から始めればよいかわからない」、「貯蓄がないから始められない」といったお悩みや意識を持っている方もいらっしゃいます*1。こうした方に向け、「長生き時代の資産形成ナビ」では、資産形成の大切さや、資産形成を始める前に知っておきたい投資のポイントをわかりやすく解説する動画を公開するとともに、資産形成の三大原則といわれる「長期・積立・分散」の考え方について、よりリアルな体験をもって理解を深めていただけるよう「ドルコスト平均法シミュレーションツール」を新たに用意した。
各コンテンツの概要は次のとおりである。
・動画でわかりやすく!はじめて資産形成ガイド
やがてくる人生100年時代に向けて、長い人生のお金の安心のために、データに基づきながら長生き時代の資産づくりについての考え方を紹介していく。
・“あなたの「?」に答える、資産形成のススメ”
資産形成が必要な理由から、資産形成の始め方や種類、リスクを賢くコントロールする方法まで、資産形成のポイントを動画でわかりやすく理解できる。
・試してなるほど!“ドルコスト平均法*2シミュレーション”(新規コンテンツ)
資産運用のリスクと上手につきあうポイントの一つ、「ドルコスト平均法」のシミュレーターを用意。かんたんな疑似体験を通じて、長期・積立・分散投資のメリットが理解できる。
資産形成は、人生100年時代に向けて長い人生のお金の安心のために大切なことであるが、運用に際してはリスクが伴う場合もある。同社では、お客さまにはリスクを含めて理解してもらい、さらに「長期投資」「積立投資(時間の分散)」「分散投資(資産種類の分散)」といったリスクコントロール方法を適切に伝えることが重要であると考え、「長生き時代の資産形成ナビ」を運営しています。今後も、保険による保障に加え、長生き時代のお金との向き合い方に関する情報提供を通じて、お客さまに寄り添っていく。
*1 メットライフ生命実施「『老後を変える』全国47都道府県大調査」2018年~2021年の結果より
*2 価格が値上がりを続けた場合は当初に一括で購入した方が有利となる。また、価格に変動があっても最終的な価格によっては損失が生じるなど、ドルコスト平均法で必ず収益が得られるわけではない。
本ツールはドルコスト平均法による効果や運用成果を保証するものではない

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、地域に特化したごみ拾い活動を東京・長崎で実施予定

損保

SBI損保、「東和銀行がおすすめするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

生保

メットライフ生命、女性リーダー育成の取り組みで企業フィランソロピー賞「未来をひらく女性賞」を受賞

生保

メットライフ生命、長崎、福岡、熊本の3県でテレビCMを放映開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、清水銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

明治安田生命、ベストスタイル<5年ごと配当付組立総合保障保険>の新たな特約を発売

損保

SBI損保、松本信用金庫における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に合意

損保

三井住友海上、再生可能エネルギー発電事業者・アグリゲーション事業者向け「インバランスリスク補償保険」の販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、七十七銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)、『働くあなたにやさしい保険2』の販売を開始

生保

PGF生命、静岡銀行で「米国ドル建養老保険(18)」を販売開始