シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、資本準備金の全額をその他資本剰余金に振り替え

三井住友海上あいおい生命は、9月27日開催の取締役会において、10月15日付の臨時株主総会に、資本準備金の額の減少を付議することを決議した。
今後の資本政策の機動性、柔軟性を確保するため、会社法448条第1項の規定に基づき、資本準備金の額を減少させるものである。
・減少させる資本準備金の額
同社の資本準備金の額を632億1448万8359円から0円とする。
・資本準備金の額の減少の方法
減少させる資本準備金の額全額をその他資本剰余金に振り替えることとする。
なお、本件は、「純資産の部」における勘定科目間の振替処理であり、純資産額の変動はなく、業績に与える影響はない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

T&Dホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況および取得を終了

損保

東京海上ホールディングス、デジタルR&D機能の強化によるグループDXを推進

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上による国内無担保普通社債の発行に係る条件決定

生保

メットライフ生命、機構改革・人事異動(役員)を発表

損保

SOMPOホールディングス、自己株式取得状況を発表

生損

MS&ADインシュアランスグループ3社、健康管理アプリ「ココカラダイアリー」の機能を拡充

生保

三井住友海上あいおい生命、アジア開発銀行が発行するウォーター・ボンドに投資