シンニチ保険WEB

かんぽ生命、保険期間を延長した普通養老保険の取扱を開始へ

かんぽ生命は、保険期間を延長した商品の取扱いを2021年10月から開始する。
同社では、法人のお客さまの「従業員の退職までの保障を準備したい」といったニーズに応えるため、普通養老保険を取り扱っている。今般、同社では、定年延長の動きに対応し、定年退職年齢を65歳や70歳としている法人のお客さまのニーズに応えるため、10月1日から、次のとおりこれまでより保険期間が長期となる普通養老保険の取扱いを開始する。
■保険期間を延長した普通養老保険「新フリープラン」
普通養老保険について、これまで加入年齢が35歳以下となる場合は66歳以上を満期とする普通養老保険には加入できなかったが、主として従業員の定年退職までの保障を利用してもらいやすくするため、66歳~75歳を満期とする普通養老保険の加入年齢範囲の下限を満15歳まで引き下げ、保険期間がより長期となる商品の取扱いを開始する。
これにより定年退職年齢を65歳や70歳としている法人の従業員全員の、普通養老保険への加入を検討してもらうことが可能となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、きらぼし銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

損保ジャパン、JGAP/ASIAGAP 認証取得農場向け専用保険制度の提供開始

損保

損保ジャパン、バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険の提供を開始

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

T&Dフィナンシャル生命、中国銀行にて変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)の販売を開始

生保

太陽生命、三井住友銀行にて「My介護Bestプラス」の販売を開始

生保

かんぽ生命、法人向け商品の受託販売等の届出

損保

三井住友海上、実用型ホバーバイク専用賠償責任保険の提供開始

生保

プルデンシャル生命、就労不能時を保障する「リビング・インカム」従来商品の支払い対象範囲を広げて新発売