シンニチ保険WEB

生保協会、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を提出

生保協会は、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を9月14日付で提出した。
届出制の運用にあたって次の3点を要望事項としている。
1.新規業務(特に商品・サービスなど顧客に直接提供されるもの)は、適正な競争関係等への影響が想定されうるため、今後も幅広く調査審議や外部からの意見聴取を実施いただきたい。
2.運営の透明性確保の観点から、届出があった事実やその内容はHP等で速やかに公表いただくとともに、「調査審議」「外部からの意見聴取」「意見作成・公表」それぞれの実施要否の判断にあたっては、個々の案件ごとに判断根拠等を公表いただきたい。
3.新規業務に係る配慮義務の遵守状況については、業務開始時・開始後における適切な確認・検証等をお願いしたい。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、「生物多様性は変革の時代へ~世界目標と金融の波~」シンポジウムを開催

生保

かんぽ生命、法人向け商品の受託販売等の届出

生保協会・団体

生保協会・高田幸徳会長「令和4年 年頭所感」

生保

生保協会、「かんぽ生命保険の医療特約の改定等に関する郵政民営化委員会の調査審議」の結果を受けコメントを発表

損保

東京海上ホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況を発表

生保

かんぽ生命、「社会的インパクト志向宣言」へ賛同

生保

かんぽ生命、「インパクト志向金融宣言」へ署名

生保

アフラック生命、組織変更及び人事異動を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、資本剰余金を配当