シンニチ保険WEB

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

日本生命は、財務基盤の一層の充実を目的に、米ドル建劣後特約付社債を発行する。
◆米ドル建劣後特約付社債の概要
発行体
日本生命保険相互会社
名称
2051年満期米ドル建劣後特約付社債(利払繰延条項付)
発行総額
9億米ドル
発行価格
額面金額の100%
利率
2031年9月まで年2.90%(固定金利)
2031年9月以降 固定金利(ステップアップあり・5年ごとにリセット)
償還期限
2051年9月
(ただし、発行日の10年後の応当日およびそれ以降 5年を経過するごとの各日に、監督当局の事前承認等を前提として、同社の裁量により繰上償還可能)
優先順位
本劣後債は、清算手続等において、上位債務に劣後し、基金の払戻しに優先
募集方法
米国、欧州およびアジアを中心とする海外市場における募集
(ただし、米国においては1933年米国証券法にもとづくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売のみとする。なお、日本国内での募集は行わない。)
上場
シンガポール証券取引所上場
払込期日
2021年9月16日

関連記事(保険業界ニュース)

なないろ生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」を策定

生保

日本生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するグリーンボンドへの投資

生保

T&Dホールディングス、T&D保険グループ「サステナビリティレポート2021」の発行

損保

アクサ損保、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を改定

生保

日本生命とライフケアパートナーズ、「子育てみらいコンシェルジュ」が第15回「キッズデザイン賞 男女共同参画担当大臣賞」を受賞

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ活動の状況について」公表

生保

日本生命、サステナビリティ・リンク・ローン実行

生保

日本生命によるニッセイ・ウェルス生命の100%子会社化を発表

生保

日本生命、スチュワードシップ活動報告書(2021年)を公表

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築