シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、「サリバチェッカー(R)」に、新たに「胃がん判定」を追加

ジブラルタ生命およびサリバテックは、サリバテックが開発・提供する、がんの罹患リスクを測定する検査サービス「サリバチェッカー(R)」をジブラルタ生命の加入者向けに展開する「オンライン医療サポートサービス」に付帯しているが、9月1日から「サリバチェッカー(R)」の検査項目に、新たに「胃がん」を追加する。
◆サリバチェッカー(R)の概要
唾液中の代謝物質の濃度を高精度に分析し、がんの異常値を示す物質の濃度をAI等で解析することで、現在のがん罹患リスクを判定する。自宅で唾液を採取し、サリバテックへ郵送することで検査が完結するので、からだに負担をかけることなく、一度の検査で複数のがん(男性は肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、口腔がんの5種、女性は乳がんを加えた6種)それぞれをリスク検査することが可能である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、全国へき地教育研究連盟加盟校へリユースパソコン182台を寄贈

生保

ジブラルタ生命、新システム「保全ペーパーレスシステム」を導入

生保

ジブラルタ生命がPGF生命の商品の取扱いを開始

生保

明治安田生命、「団体がん保障保険」を発売

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

ジブラルタ生命、「生命保険信託」の取扱いを開始

生保

太陽生命、新たな疾病予防サービス「子宮頸がんHPV検査パピックス」を導入

生保

オリックス生命、「健康医療相談サービス」の利用対象を全ての被保険者に拡大

生保

楽天生命、認知症保険を販売開始

損保

SBI損保、がん治療費・がん保険に関する調査を実施