シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、引受査定業務におけるAIの実装準備を開始

エヌエヌ生命は、引受査定業務におけるAI-OCRの導入の決定と機械学習による支払いリスク予測モデル構築のPoC(ProofofConcept:実現可能性の検証)を完了し、2022年内の実装に向けた準備を開始した。引受査定業務におけるAIを活用したストレート・スルー・プロセッシング(StraightThroughProcessing:人手を介さない査定業務)の2022年内の実現を目標とし、これによりお客さまの加入申込手続の迅速化が可能になる。
これまでエヌエヌ生命では保険引受時の医務査定において、お客さまから健康診断結果報告書や人間ドック成績表といった医務書類を、募集人および同社営業担同社員を介して郵送で受け付けるフローを採用してきた。また本社で書類を受け付けた後、事務担当者は項目ごとに目視確認を行い手入力でデータ化を行ってきた。目視で確認を行う項目は1帳票あたり30以上にのぼり、また医務書類は医療機関ごとに異なる非定型の帳票であるため、こうした書類の郵送や同社での人手に大きく依存する作業が申込手続の迅速化を進めるにあたってのボトルネックとなっていた。AI-OCRを実装することでお客さまは医務書類の提出が不要となり、エヌエヌ生命では医務書類データの読み取りおよびデータ入力の自動化を実現する。
ストレート・スルー・プロセッシングでは、AI-OCRによってデータ化された各検査項目に基づいて自動で医務査定を行う。このプロセスでは機械学習モデルとルールエンジンを併用し、これまで平均2~3営業日かかっていた査定完了までの期間を引き受けリスクの程度に応じて最短で3分以内に短縮することが可能となる。
AI-OCRによる非定型帳票の読み取りとデータ化の自動化には株式会社シナモン、また機械学習およびAI査定にはDataRobot,Inc.のソリューションをそれぞれ採用する。
エヌエヌ生命はAIや機械学習といった先進技術の活用基盤やデータプラットフォーム整備等の業務基盤の強化に注力している。医務査定におけるストレート・スルー・プロセッシングの実現により、業務の効率化と加入申込手続における顧客体験のより一層の向上を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、新自動車保険&eのアプリに、安全運転を促進するゲーム性を取り入れた新機能「チャレンジ」を提供開始

損保

損保ジャパン、火災保険見積機能におけるお客さま体験(ユーザーエクスペリエンス)向上の取組みを実施

損保

損保ジャパン、理化学研究所を「自動車事故リスク予測AIモデル」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートウオッチ×損保「建設現場安全みまもりプラン」を提供

生保

第一生命、QOL向上サイト「ミラシル」の提供開始

生保

富国生命、自動引受査定を導入

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和

生保

第一生命、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK(R)(ネオバンク)」サービスの利用活用を決定

生保

第一生命、楽天銀行が提供するデジタルサービスの利用活用を決定

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontier World」PC(WEB版)「ジャーニーマップ編」の取扱い開始