シンニチ保険WEB

チューリッヒ生命、2021年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査結果を発表

チューリッヒ生命は、全国1,000人のビジネスパーソンを対象に、今年で5回目となるストレスに関する調査を実施した。現在ビジネスパーソンが抱えるストレスの要因に加え、働き方に関する新たな制度の導入とそれに伴うストレス、コロナが落ち着いた後にやりたいことなどを多岐にわたり調査した。
■調査結果サマリー
ポイント1
ビジネスパーソンのストレス要因の第1位は昨年に続き「給与・賞与(金銭面)」
ポイント2
「在宅勤務」制度を使用できる人は約4割。ただし、20代女性の過半数は在宅勤務がストレスの原因
ポイント3
自粛不要になったら最もやりたいことは、「旅行」が全体の52.5%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、「コロナ禍における事業承継」について調査結果を公表

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、「大同生命オンラインフォーラム」を開催

生保

ソニー生命、シニアの生活意識調査2021を実施

生保

明治安田生命、「健康」に関するアンケート調査を実施

損保

損保ジャパン、「地震への備えに関する意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、台風シーズンに向けた「台風への対策・悪質な修理業者に関する意識調査」を実施

生保

チューリッヒ生命、「終身医療保険プレミアムDX」「終身医療保険プレミアムDX Lady」に「収入サポート特約」を新設

損保

ソニー損保、「2021年全国カーライフ実態調査」を実施

生保

チューリッヒ・インシュアランス・グループとオックスフォード大学が共同調査