シンニチ保険WEB

アフラック生命、電気通信大学がアフラック生命とネーミングライツ協定を締結

アフラック生命と国立大学法人電気通信大学は、学内にある講堂のネーミングライツ(施設命名権)に関する協定書を6月24日に締結し、同施設の別称を「アフラックホールUEC」とすることに合意した。
電気通信大学とアフラックは、今年6月24日に設立された「調布スマートシティ協議会」に設立メンバーとして参画し、産学官民が能動的に連携して共有価値を創造し、社会的課題の解決と経済的価値の創出を両立させながら、持続的に進化し続ける「共有価値創造型スマートシティ」の構築に取り組んでいる。
電気通信大学では、教育・研究環境の向上を図るための財源獲得を目的に、ネーミングライツに関する基本方針を2019年12月に制定し、ネーミングライツ・パートナーを公募してきた。そこでアフラックは、調布スマートシティを推進していくパートナーとして電気通信大学との関係強化や学生への自社認知度の向上、さらには同大学への支援を通じた地域社会への貢献を含む社会的課題への取り組みを目的として、ネーミングライツ・パートナーに応募した。
7月27日に開催された「アフラックホールUEC」のオープニングセレモニーでは、両者の代表によるテープカットが行われ、電気通信大学の協定校である武蔵野美術大学白尾隆太郎教授がデザインを手がけたネームプレートのほか、アフラックの企業紹介パネルが設置された。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

生保

アフラック生命、2021年度新規奨学生 171人を決定

生保

住友生命、TORANOTECと事業共創をスタート

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たなサービスの開発のため関西電力と協業

生保

住友生命、エクサウィザーズと“Well-being Tech”領域で業務提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と資本業務を提携

損保

SOMPOホールディングス、ELYZAとコールセンター領域におけるDXパートナーとして提携

生保

アフラック生命、2年連続「Insurance Asia Awards 2021」を受賞