シンニチ保険WEB

大同生命、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査結果を公表

大同生命は、全国の中小企業経営者を対象としたアンケート調査「大同生命サーベイ」を、2015年10月から毎月実施している。
今般、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査した2021年6月度レポートを公表する。[調査企業数10,392社]
<ポイント>
「在宅勤務を導入している」と回答した企業は14%と、前回調査(2020年5月度)と同水準となった。
「現在デジタル化に取り組んでいる」または「今後取り組みたい」と回答した企業は68%。生産性向上や効率化などに向け、約7割の企業でデジタル化への意向があることが明らかとなった。
現在実施しているデジタル化は、「ペーパーレス化」(28%)や「Web会議システムの導入」
(27%)が多くなった。今後実施したい取組みでも「ペーパーレス化」(20%)が多く、次いで、「生産・在庫管理システム等の導入・刷新」(16%)となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、大同生命、日本郵船株式会社が発行する「トランジションボンド」に投資

生保

ソニー生命、中高生が思い描く将来についての意識調査2021を実施

損保

アイペット損保、子犬の骨折と月齢の相関性について分析結果を発表

生保

大同生命、「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」へ参画

損保

SBI損保、がん治療費・がん保険に関する調査を実施

生保

太陽生命、大同生命、京阪ホールディングス株式会社が発行する「サステナビリティボンド」に投資

生保

エヌエヌ生命、中小企業経営者の就業不能に関する実態を調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「夏のボーナス」を実施

生保

かんほ生命、「パートナーと一緒にする運動実態」調査

生保

大同生命、全国信用組合中央協会と「コロナ禍での資金繰りと金融機関との関わり」について共同調査

関連商品