シンニチ保険WEB

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第28期寄付金を贈呈

メットライフ生命は、CSR(企業の社会的責任)の一環として、2007年7月から株式会社広島銀行(以下「広島銀行」という。)と共同で取り組んでいる「社会貢献プログラム」の第28期の寄付金を、下記のとおり贈呈した。
1.第28期(2020年10月~2021年3月)寄付金の贈呈について
(1)贈呈者広島銀行、メットライフ生命
(2)贈呈先・公益財団法人ひろしまこども夢財団
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている児童養護施設(12施設)
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている乳児院(2施設)
・広島県内の社会福祉法人として組織化されている里親会(2施設)
(3)金額796,000円(広島銀行398,000円、メットライフ生命398,000円)
(4)贈呈日7月13日(広島県庁を訪問し公益財団法人ひろしまこども夢財団に目録を贈呈)
2.「共同社会貢献プログラム」について
(1)目的
広島銀行とメットライフ生命は、次世代を担う子どもたちが平等な教育・社会参加ができ、健やかに生まれ育つ環境をつくるための社会貢献活動にそれぞれが取り組んでおり、本取組みは、その一環として、公益財団法人ひろしまこども夢財団の行う、子育て家庭応援関連事業ならびに広島県内で活動している社会福祉法人を支援するものである。
(2)寄付方法
広島銀行がメットライフ生命の一時払の個人年金保険および終身保険を6ヵ月間で販売した件数に2,000円を乗じた金額を、広島銀行およびメットライフ生命双方で折半し寄付している。
(3)第1期から第28期までの寄付金累計額
27,358,000円(広島銀行13,679,000円、メットライフ生命13,679,000円)
広島銀行とメットライフ生命は、子どもたちが健やかに生まれ育つ環境づくりに今後も取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

メットライフ生命、「老後を変える」全国47都道府県大調査2021を実施

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

生保

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」寄付総額が累計5億1,681万円に

生保

住友生命、TORANOTECと事業共創をスタート

生保

メットライフ生命、長崎市と女性活躍推進セミナーを開催

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たなサービスの開発のため関西電力と協業

生保

住友生命、エクサウィザーズと“Well-being Tech”領域で業務提携