シンニチ保険WEB

かんほ生命、「パートナーと一緒にする運動実態」調査

かんほ生命は、健康応援アプリ「すこやかんぽ」を無料で配信している。7月9日はその語呂合わせが「仲良く暮らそう」であることから、夫婦や恋人などパートナーと一緒に行う運動習慣に関する実態調査を行った。
調査結果の概要としては、パートナーのいる人の約4人に1人(23.8%)がパートナーと一緒に運動しており、一緒に運動することで、年齢を重ねても「パートナーと仲が良い」と実感できていることが確認できた。また、パートナーと一緒にしている運動もしたい運動も「ウォーキング」が1位となり、ウォーキングを続けるコツとして、「アプリで管理」「無理をしない」などが挙げられた。
https://www.jp-life.japanpost.jp/information/210702pr-6-2.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、保険期間を延長した普通養老保険の取扱を開始へ

生保その他

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況を発表

生保

住友生命、スポーツ庁とeiiconcompanyが運営するアクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」に参加

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を提出

損保

あいおいニッセイ同和損保所属の秋田啓選手が東京2020パラリンピック男子車いすバスケットボールで銀メダルを獲得

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全米オープンに出場

生保

かんぽ生命、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック競技大会マラソン女子視覚障がいクラス道下美里選手が金メダルを獲得

生保

大同生命、「大同生命オンラインフォーラム」を開催