シンニチ保険WEB

フコクしんらい生命、信用金庫との共同寄付スキームの取扱い開始

フコクしんらい生命は、最大のパートナーである信用金庫とともに持続可能な開発目標(以下、「SDGs」)の達成に向けた取組みの強化、また各信用金庫が所在する地域社会への貢献を目的として、保険販売を通じた共同寄付の取組みを開始する。
まずはじめに趣旨に賛同のあった4信用金庫(尾西信用金庫、中日信用金庫、郡山信用金庫、須賀川信用金庫)との共同寄付の取組みを実施する。今後新たに趣旨に賛同する信用金庫とも順次、取組みを開始し本スキームを全国に拡げていく。
4信用金庫は対象商品である「ハローキティの定期保険」および「ハローキティの医療保険」の販売件数に所定の寄付額単価を乗じた金額を信用金庫ごとに選定された公共性・公益性の高い寄付先(信用金庫の地域に所在する団体・組織)へ寄付する。同社はそれぞれの信用金庫と同額を拠出(マッチングギフト方式)し、信用金庫ごとに選定された寄付先へ寄付する。
この取組みは、SDGsにおける17の目標のうち、「3すべてのひとに健康と福祉を」および「17パートナーシップで目標を達成しよう」に紐づいた活動となる。
なお、信用金庫業界で同スキームを実施するのは、業界初(※)の試みとなる。
(※)2021年6月30日時点同社調べ

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

生保

フコクしんらい生命、手話通訳・筆談サービスを開始

生保

住友生命、TORANOTECと事業共創をスタート

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たなサービスの開発のため関西電力と協業

生保

住友生命、エクサウィザーズと“Well-being Tech”領域で業務提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と資本業務を提携

損保

SOMPOホールディングス、ELYZAとコールセンター領域におけるDXパートナーとして提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、Mobility Technologies への資本参加および業務提携