シンニチ保険WEB

住友生命、資産ポートフォリオの温室効果ガス排出量削減に係る2030年目標設定

住友生命は、資産ポートフォリオの温室効果ガス(以下「GHG」)排出量削減に係る2030年目標を設定した。
1.GHG排出量削減に係る2030年目標(資産ポートフォリオ)
住友生命は、脱炭素社会および持続可能な社会の実現に貢献するため、GHG排出量の2050年ネットゼロを目指しています※。このGHG排出量ネットゼロ達成に向けて、資産ポートフォリオのGHG排出量削減に係る2030年目標を設定する。
※:2021年4月1日付ニュースリリース「温室効果ガス排出量ネットゼロに向けた削減目標の設定」を参照。
https://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2021/210401b.pdf
2.2030年削減目標の達成に向けた方策
当該目標の達成に向けて、責任投資に係る取組みを積極的に推進していく。目標達成に向けた一つの方策として、資産ポートフォリオをGHG多排出業種・企業から低排出業種・企業へ入れ替えることも考えられるが、住友生命は、各投融資先の排出量の削減を通じて、社会全体の排出量削減に繋げることが重要であると考えている。
そのため、投資撤退(ダイベストメント)は最終的な方策と位置づけ、投融資先との対話活動(エンゲージメント)とファイナンスを基本とする。なお、責任ある機関投資家としては、運用収益の視点も重要であるため、ファイナンスの検討・実行に際しては、リスク・リターンの観点から住友生命の投融資方針に合致することが前提となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

住友生命、スポーツ庁とeiiconcompanyが運営するアクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」に参加

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

生保

住友生命、Olive Union、住友生命福祉文化財団がコンサートホールで次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試みを共同で実施