シンニチ保険WEB

楽天生命、2020年度決算を発表

楽天生命は、2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の決算を発表した。
今期は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けながらも、個人保険の保険料収入※1は前年同期比14.0%増、団体信用生命保険の保険料収入は前年同期比46.0%増、またインターネット販売の新契約年換算保険料は前年同期比38.2%増と、好調に推移した。
新商品については、2020年8月より「楽天生命スーパー終身保険」の販売を開始し、2021年3月には、「楽天生命医療保険1095α」に新たな保険料払込方法として短期払いを導入した。これにより、これまで以上に幅広くお客さまニーズに応えられるようになった。
◆主要業績
・保険料収入
保険料収入は31,516百万円(前年同期比3.8%増)となった。なお、共済商品区分※2を除く生命保険契約については、医療保険や定期保険といった主力商品や団体信用生命保険などの販売により保有契約が増加し22,680百万円(前年同期比15.4%増)となった。
・経常利益
インターネット販売の新契約拡大に伴う費用や責任準備金等の積み増し等もあったが、経常利益は1,961百万円となった。
なお、会社法会計とは別に、経営管理の指標としているIFRS(国際財務報告基準)においては、当期純利益(税引前)6,318百万円となった(前年同期比13.2%増)。
・ソルベンシー・マージン比率
1,652.1%となった。引き続き充分な健全性を維持している。
※1 共済商品区分を除く。
※2 共済商品区分についての新規募集は停止している。

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

JA共済連、令和3年度上半期業績を発表

生保

楽天生命、2021年度上半期業績を発表

生保

生保各社、2021年度第2四半期(上半期)業績を発表

生保

生保各社、2021年度上半期決算を発表

損保

アクサ損保、2021年度上半期(中間期)の主要業績を発表

生保

アクサ生命、2021年度上半期末の業績を発表

生保

アクサダイレクト生命、2021年度第2四半期(4月1日~9月30日)の業績を発表

生保

SBI生命、2021年度第2四半期(上半期)を発表

生保

かんぽ生命、「2022年3月期第1四半期決算の概要」を一部訂正

生保

太陽生命、感染症プラス入院一時金保険の販売件数が15万件を突破