シンニチ保険WEB

日本生命、企業年金新商品 ニッセイ特別勘定第1特約「グローバルバランス口」を発売

日本生命は、企業年金の新商品として、ニッセイ特別勘定第1特約「グローバルバランス口」を開発し、2022年2月より発売する。
長引く低金利環境下で、安全性資産である国内債券の収益に課題があることに加え、足元では市場環境が不透明さを増しており、企業年金の運用では収益確保と運用の安定化を両立することが求められてる。こうしたニーズに応えるべく、長期の良好な運用実績を持つファンドをもとに、目標リターン、リスク水準を国内の企業年金向けにカスタマイズしたマルチアセット運用の商品を開発した。
◆ニッセイ特別勘定第1特約「グローバルバランス口」の特徴
①ベンチマークを設定しない、絶対収益型のマルチアセット商品で、長期の良好な運用実績を持つファンドをもとに、国内の企業年金向けに開発
②世界有数の運用会社(DWSグループ)の潤沢なリソースを活用したジャッジメンタル運用(※)の仕組みにより、適切な資産配分で収益を獲得
③伝統的資産(内外株式・国債)に拘らず、社債や金等を含めたさまざまな資産に投資を行うことでリスクを抑える分散効果を発揮
④ファンド専属のリスク管理チームが日々精緻にリスクをモニタリングし、必要に応じてきめ細かなリスク管理を実施しつつ運用
※ジャッジメンタル運用とは、定量ルールではなく、運用チームによる定性判断を重視した運用。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、セキュリティ対策支援をパッケージ化した中小企業向けサイバー保険の提供開始

生保

チューリッヒ生命、収入サポート保険「くらすプラスZ」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、マーケットリンクの資産運用関係費用引き下げ・介護移行取扱を開始

生保

日本生命、血糖変動チェックプランの提供を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、名古屋銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け防災・減災サービス「かぞくの災害掲示板」の提供を開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0円”に「筑邦銀行がお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

生保

日本生命・木村武氏、国連責任投資原則の理事に就任

損保

あいおいニッセイ同和損保、「リトルファミリー少額短期保険株式会社」を開業

生保

マニュライフ生命、「こだわり変額保険」の商品パンフレットでUCDA認証「見やすいデザイン」を取得

関連商品