シンニチ保険WEB

第一生命、国立循環器病研究センターと協働活動

第一生命と、国立循環器病研究センターは、「いのちを救う10の質問」と題して、コロナ禍・アフターコロナにおける「生活習慣病・循環器病」の予防、および喫緊に国民へ伝えたい循環器病に関する基礎知識の情報啓発を目的にクイズ形式のアンケートを全国で実施する。
今回のアンケートは、5月20日から7月20日まで実施し、同社の生涯設計デザイナーがお客さまに配布したリーフレットに記載されているQRコードの読み取り、またはEメール・LINE・SMS(ショートメッセージサービス)経由で送信したURLよりクイズに回答する。「過去に循環器病の罹患歴のある人は、新型コロナのワクチン接種は控えたほうがいい?」、「コロナ禍の外出自粛により体を安静にしている時間が長くなったため、血圧は下がる傾向にある?」などの設問が10問あり、コロナ禍での「生活習慣病・循環器病」予防や対策について正しい知識を身につけ、役立つ内容となっている。
また、回答結果を属性別(性・年代・地域)に同社で集計のうえ、国立循環器病研究センターへフィードバックし、今後の循環器病予防対策に活用いただく予定であり、国民のQOL向上に向けた新たな協働活動となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の受賞者を決定

生保

第一生命、第5回「これからサラリーマン川柳」優秀句発表

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するグリーンボンドに投資

生保

第一生命、PaMeLaに対し1億円のインパクト投資

生保

第一生命、東京センチュリー向けサステナビリティ・リンク・ローンへ融資

生保

第一生命、2021年責任投資活動報告を公表

生保

大同生命、「コロナ禍における事業承継」について調査結果を公表

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

第一生命、サラリーマン川柳コンクールが35周年、20代限定新企画も

生保

第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命、GLP投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資