シンニチ保険WEB

住友生命、インフラデットファンドへ投資

住友生命は、アセットマネジメント One オルタナティブインベストメンツが運用するインフラデットファンドに約100億円の投資を決定した。
本ファンドは、投資対象となる国・地域に必要不可欠なインフラ事業(電力、ガス、水、交通等)への投融資をグローバルに行うインフラデットファンドである。インフラ投資を通じて持続可能な世界の実現に繋げるべく、ファンドの運用プロセスとして、プロジェクトの環境・社会に対するリスク評価を実施した上で選別的に投資を行うほか、SDGsに基づいたインパクト評価を実施し、SDGsへの貢献度合いを定量的に可視化する等のモニタリングを行っている。例えば風力発電所であれば、CO2削減量を自動車の利用削減に換算して表すなど、分かりやすいレポーティングを行っている。
◆本ファンドの概要
・運用会社
アセットマネジメント One オルタナティブインベストメンツ
・ファンド名称
Cosmic Blue PF Magnolia Feeder I FCR-RAIF
・投資金額
約100億円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、Vitalityアクティブチャレンジを活用した日本対がん協会への寄付開始

生保

住友生命、「ルネサンス オンラインレッスン特典」提供開始

生保

住友生命、「Vitality」の「家族プラン」発売開始

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、不動産運用におけるESG投資を高度化

生保

住友生命、メディケア生命、新サービス「AIぴったり保険診断」をローンチ

生保

住友生命、戦略的なタスクの解決に向けた管理職を新設

生保

明治安田生命、米州投資公社が発行する「トランジション・ボンド」へ投資

生保

太陽生命、大阪府住宅供給公社が発行するソーシャルボンドに投資

生保

メディケア生命、独立行政法人都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」に投資

関連商品