シンニチ保険WEB

大同生命、中小企業向け「標的型攻撃メール対応訓練サービス」の提供開始

大同生命は、生命保険業界で初めて、中小企業向け「標的型攻撃メール対応訓練サービス」の提供を開始する。
企業がサイバー攻撃を受けると、経済的損失・社会的信用失墜など甚大な被害を受ける。
大同生命では、このたび中小企業の情報セキュリティ態勢の向上を支援するため、標的型攻撃メール対応訓練※を特別価格(1アドレス年間770円/税込)で利用できる新たなサービス提供する。
※「標準型攻撃メール対応訓練」は、「従業員を狙った不審メール」への対応力向上に効果があるとされている。
同社が中小企業経営者を対象に実施している「大同生命サーベイ」(2020年12月調査)では、セキュリティ対策として「ウイルス対策ソフトを導入している」との回答が7割を超える一方、「従業員の教育や訓練を実施している」との回答は1割に満たない状況であった。
近年、従業員を標的とした攻撃メールが巧妙化するなか、適切に対処する訓練の重要度が増していることから、中小企業向けサポートメニューの一つとしてサービスを提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保

アイペット損保、ペット共生型賃貸集合住宅「PetimoQ」入居者募集を開始

損保

SOMPOホールディングス、【業界初】タイのサトウキビ農家向け「天候インデックス保険」を販売開始

生保

住友生命、メディケア生命、新サービス「AIぴったり保険診断」をローンチ

生保

はなさく生命、「先進医療給付金(陽子線治療・重粒子線治療)の医療機関あて直接支払サービス」開始

損保

SBI損保、DataRobot社主催「AIExperienceVirtualConference2021」基調講演に社長五十嵐正明氏が登壇

生保

明治安田生命、「ノスタルジック関西」を発行

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

損保

損保ジャパン、【業界初】マイカーを手放した方の移動リスクを補償する保険『UGOKU(移動の保険)』を発売

関連商品