シンニチ保険WEB

第一生命、ミレニアル世代向け新たな商品ブランド「デジホ」リリース

第一生命は、2021-23年度中期経営計画『Re-connect2023』におけるCXデザイン戦略に基づき、新たな商品ブランド「デジホ」を立ち上げた。併せて、第一スマート少額短期保険(以下「第一スマート」)を開業した。
「デジホ」は、ミレニアル世代やZ世代といわれる未来を担う若者たちが、安心して一歩ふみだせるように応援することをコンセプトとした第一生命・第一スマートの新たな商品ブランドである。自分らしさを大切にし、必要な時に、必要な分だけといった若者の価値観に寄り添い、お客さまと「デジホ」との心地よく無理のない関係を続けることを目指す。初回商品として、4月9日より「特定感染症保険」を発売する。

◆デジホ特長
・シンプル、簡単、スピーディー
お客さまが必要とする分だけのシンプルな保障を、簡単、スピーディー
に提供する。申込みから給付金の受取りまで、すべての手続きがスマホ等
で完了する。電子マネーでの給付金の受取りなど、利便性の向上も図って
いく。
・ビジネスパートナーを通じたオーダーメイド保険
共通の価値観や生活様式を持つ人々が集まるコミュニティを運営するビ
ジネスパートナーを通じて「デジホ」を提供する。それぞれのコミュニテ
ィのニーズやペインポイントに合わせたオーダーメイド商品、世界観にマ
ッチしたシームレスな加入体験を提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、ゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」の契約件数が10万件を突破

生保

T&Dフィナンシャル生命、2金融機関にて『ハイブリッド アセット ライフ』の販売を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

生保

はなさく生命、引受緩和型定期保険「かんたん告知はなさく定期」を発売

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

共栄火災、JA安心倶楽部「充実プラン」の販売が伸長

生保

第一生命、入院一時金保険(限定告知型)を発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、横浜銀行にて『家計にやさしい収入保障』の販売を開始

生保

クレディ・アグリコル生命、変額個人年金保険(11)「攻守力」を広島銀行を通じて販売開始

生保

第一生命、新潟県太陽光発電プロジェクトへリニューアブル・ジャパン株式会社と共同投資

関連商品