シンニチ保険WEB

住友生命、女性活躍推進に関する行動計画を策定

住友生命は、多様な人材の活躍をさらに進めるため、2025年度末の女性管理職比率50%、計画期間中の男性の育児休職取得率100%を目標とする新たな行動計画を策定した。
2016年度に「女性活躍推進に関する行動計画」を作成し、働き方変革による労働時間削減や休暇取得推進、女性管理職を育成するための選抜研修・キャリアプラン策定などを通じて、女性の活躍および管理職登用を進めてきた。こうした取組みの結果、2020年度末に女性管理職比率を33%以上とする目標を達成した。
今後も、「社会になくてはならない保険会社」を目指し、職員一人ひとりのワーク・ライフ充実とパフォーマンス向上につながる取組みを推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、戦略的なタスクの解決に向けた管理職を新設

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

住友生命、団体年金特別勘定特約「円貨建株式口E」(ESG運用)を発売

損保

三井ダイレクト損保、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況

損保

三井住友海上、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況

損保

あいおいニッセイ同和損保、2020年度「お客さま第一の業務運営」に関する取組結果

生保

三井住友海上プライマリー生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組み概況

生保

三井住友海上あいおい生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況

損保

東京海上ホールディングス、東京海上グループ中期経営計画2023を策定

損保

東京海上ホールディングス、2050年カーボン・ニュートラルの実現に向けた気候変動対策を推進する新たな目標を策定

関連商品