シンニチ保険WEB

PGF生命、「認知症給付特則付介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」に「米国ドル建MCI・軽度介護保障付終身保険特約」を新設

PGF生命は、4月1日(木)より、「認知症給付特則付介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」※において、「米国ドル建MCI・軽度介護保障付終身保険特約」の取り扱いを開始する。
「米国ドル建MCI・軽度介護保障付終身保険特約」は、『人生100年時代』を迎えるにあたり、さらに幅広く認知症や介護のリスクにそなえたいというお客さまのニーズに応えるため開発された。本特約を付加することにより、軽度認知障害(MCI)と診断確定された場合、もしくはPGF生命所定の要支援・要介護状態に該当した場合に、特約介護保険金を受け取ることができ、年齢とともに高まる認知症のリスクに早くからそなえることが可能となる。
※本特約の新設に伴い、「認知症給付特則付介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」の商品性および保険会社が想定する顧客ニーズへの適合性について、株式会社投信・保険ビジネス総合研究所による評価を取得した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「知的財産権賠償責任保険」の販売開始

損保

三井住友海上、グリーン電力証書安定供給支援保険を発売

生保

アクサ生命、「ニューノーマルと認知症に関する意識調査」を発表

生保

明治安田生命、ベストスタイル健康キャッシュバック 発見と予防のWサポートを発売

損保

三井ダイレクト損保、SBI損保へ「総合バイク保険」提供開始

損保

アクサ損保、SBI損保と代理店委託契約を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナワクチン接種に携わる医療従事者向け傷害保険の提供を開始

生保協会・団体

生保協会、提言書「超高齢社会への対応-認知症に起因する課題の解決に向けて-」を公表

損保

三井ダイレクト損保、7月に商品改定

生保

PGF生命、スマートフォンによる保険金請求手続きを開始

関連商品