シンニチ保険WEB

大樹生命、中期経営計画2023を発表

大樹生命は、2021年度からの3カ年を計画期間とする中期経営計画を策定した。
中期経営計画2023「つなぐ~信頼を拡げ、未来を拓く~」では、お客さま本位の業務運営を全ての戦略の前提に据え、お客さまのニーズに応えていく。
具体的には、本社・営業現場が一体となって、お客さま対応品質の向上とお客さまが望むアクセス手段の提供により、お客さまを増やすことに取り組む。加えて、主力商品である大樹セレクトの販売拡大を通じて、収支・健全性の向上を果たしていく。
また、これらの戦略を支える経営基盤の強化に向けて、事業費の効率化、コンプライアンスの徹底、人材価値の向上、サステナビリティ経営などの取組みを推進していく。
https://www.taiju-life.co.jp/corporate/news/pdf/20210401_1.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、新たなタブレット型営業端末の導入によるお客さまサービス向上

生保

大樹生命、手話通訳リレーサービスの提供開始

生保

アフラック生命、ESG投資方針を策定

生保

大樹生命、神戸市が発行する「神戸市SDGs債」へ投資

生保

住友生命、女性活躍推進に関する行動計画を策定

損保

大同火災、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を公表

生保

T&Dホールディングス、「T&D保険グループESG投資方針」制定

生保

大樹生命、第48回苗木プレゼント

生保

SOMPOひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」2020年度取組結果と方針改定

生保

住友生命、温室効果ガス排出量ネットゼロに向けた削減目標を設定

関連商品