シンニチ保険WEB

太陽生命、味の素、H.U.フロンティア、セルメスタと業務提携契約を締結し、疾病予防サービスを導入

太陽生命は、味の素株式会社(以下、「味の素」)、H.U.グループホールディングス株式会社(*1)(以下、「HUF」)、株式会社セルメスタ(*1)(以下、「セルメスタ」)の3社と、重大な疾病の予防に関する業務提携を締結し、2021年3月1日より、同社お客様に『疾病予防サービス』の案内を開始する。
同社は、2016年6月より「従業員」「お客様」「社会」のすべてを元気にする取り組み「太陽の元気プロジェクト」を推進しており、認知症を対象に「予防」に関する「ひまわり認知症予防保険」を始めとする商品・サービスの開発、共同研究等に取り組んできた。
今般、同社お客様に味の素が開発し、HUFが検査受託している「アミノインデックス(R)リスクスクリーニング(AIRS(R))(*2)」の情報提供を開始することで、『予防』に向けた取り組みをさらに拡大する。同検査は、約5mlの採血で、「現在、がんである可能性」と「将来、脳卒中・心筋梗塞、糖尿病になる」リスクを一度に評価できるため、重大な疾病に罹患するリスクを発見することができる。
また、『疾病予防サービス』の一つとして、セルメスタと協働し、お客様の健康意識や日常生活に関するアンケートの回答や、「アミノインデックス(R)リスクスクリーニング(AIRS(R))」検査結果、保険給付データ等を提供することで謝礼金等を進呈する「疾病予防検査キャッシュバックサービス」を導入する。
同サービスで提供する検査結果等や同社が保有する保険給付データを同社、太陽生命少子高齢社会研究所、味の素の3社が共同研究を実施することで、疾病データ等のデータ解析の推進や、病気の予防に資する新たなソリューションの提供をするだけでなく、さらなるサービスの充実や商品開発を目指す。
『保険で病気を予防する』
太陽生命は、重大な疾病の「早期発見」「早期改善」だけでなく「病気の予防をサポートし、お客様の健康増進のお役に立つ」ための取り組みを推進することで、誰もが元気に長生きできる明るい長寿社会の実現に向け、最優の保険商品・サービスを提供することを目指していく。
(*1)H.U.フロンティア株式会社と株式会社セルメスタは、H.U.グループホールディングス株式会社の連結子会社である。
(*2)血液中のアミノ酸濃度バランスから、“現在がんである可能性”、“10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク”“4年以内に糖尿病を発症するリスク”および、“血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ”を一度に評価する検査である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、イオン銀行にて「My介護Bestプラス」の販売を開始

生保

太陽生命、元気・長生きカップ2021の開催

生保

太陽生命、西日本シティ銀行で「My介護Bestプラス」の販売を開始

生保

太陽生命、「伊藤忠商事」が発行する「SDGs債」への投資を実施

生保

太陽生命、健康増進アプリの提供を開始

生保

太陽生命、「三井住友信託銀行」が発行する「グリーンボンド」への投資を実施

生保

太陽生命、「トヨタ自動車」が発行する外貨建「サステナビリティボンド」への投資を実施

生保

太陽生命、高松コンストラクショングループが発行する「サステナビリティ・リンク・グリーンボンド」へ投資

生保

太陽生命、男性従業員の育休取得率6年連続で100%達成

生保

太陽生命、「トヨタ自動車」が発行する「サステナビリティボンド」への投資を実施

関連商品