シンニチ保険WEB

明治安田生命、全ての社用リース車をハイブリッド化

明治安田生命は、世界的な温室効果ガスの排出削減の動きを受け、4月から約3年間にわたり、業務用の社用リース車を全てハイブリッド車に切り替え、約1,800台を導入する。
同社は環境保護に向けた取組みや、ESG投融資を通じた持続可能な社会の実現への貢献の推進に加え、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同するなど、気候変動をはじめとする社会課題の解決に取り組んでいる。
これらの取組みの一環として、このたび温室効果ガスのさらなる削減に向け、同社では保有する全ての社用リース車をハイブリッド車へ切り替える。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、組織改正、人事異動、役員の業務担当変更を発表

生保

明治安田生命、福島県二本松市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、全国健康保険協会岐阜支部との「健康経営の普及をめざした相互協力・連携に関する連携協定」を締結

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「クライメイト・アウェアネス・ボンド」に投資

生保

明治安田生命、大阪府羽曳野市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、秋田県鹿角市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、東京都三鷹市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、山形県上山市と「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、群馬県藤岡市と「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、全国健康保険協会高知支部と「健康経営の普及をめざした相互協力・連携に関する連携協定」を締結

関連商品