シンニチ保険WEB

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による協働エンゲージメントの実施

生保協会は、この度、スチュワードシップ活動ワーキング・グループにおける、協働エンゲージメントの実施について決定した。
今年度の協働エンゲージメントについては、昨年度と同様「株主還元の充実」、「ESG情報の開示充実」、「気候変動の情報開示充実」の3テーマを継続し、上場企業171社(延べ178社)を対象に実施する。
「気候変動の情報開示充実」のテーマについては、新たに温室効果ガス排出量上位50社全社を送付対象(昨年度17社)とし、①気候変動に伴う経営上のリスクと機会の定量・定性分析と開示、②温室効果ガス排出量の削減の方向性打ち出し、を促していく。
対象企業に対しては、スチュワードシップ活動ワーキング・グループに参加する生命保険会社11社の連名で課題意識を伝える書簡を送付する。加えて、対象企業との対話等を通じて課題意識を具体的に説明することで、協働エンゲージメントの実効性向上を図っていく。
同会は、今後とも株式市場の活性化と持続可能な社会の実現に貢献すべく、活動していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、渋谷区に官民連携のオープンイノベーション拠点の運営を開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(栃木県)を発表

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる評価指標の結果を公表

生保協会・団体

生保協会、認知症対策に関する情報冊子作成

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保協会・団体

生保協会、新型コロナウイルス感染症に係る特別取扱いについて発表(栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)

生保

マニュライフ生命、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同

生保

チューリッヒ生命、多様な働き方や働く場所の実現に向けて人事制度を改定

生保

アフラック生命、新たな人財マネジメント制度導入

生保

住友生命、「ClimateAction100+」および「CDP」に署名

関連商品