シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、2020年度第2四半期(上半期)業績を発表

三井住友海上あいおい生命は、2020年度第2四半期(上半期:2020年4月1日~2020年9月30日)の業績を発表した。
1.契約高
新契約は、前年同期比78.0%の8,304億円となった。また、保有契約は前年度末比99.6%の24兆3,545億円となった。
2.年換算保険料
新契約は、前年同期比84.4%の123億円となった。また、保有契約は、前年度末比99.9%の4,475億円となった。
なお、第三分野の保有契約は、前年度末比102.8%の1,419億円となった。
3.損益の状況
当期の基礎利益は、新契約の減少により保険料が減少したものの、資産運用収益の増加や事業費の減少等により、前年同期比+40億円の121億円となった。また、純利益は、前年同期比+36億円の88億円となった。
4.ソルベンシー・マージン比率
経営の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は1,529.9%となり、引き続き高い水準で推移している。
5.同社の格付け(2020年11月19日現在)
AA 格付投資情報センター(R&I)保険金支払能力格付け

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が10万件

生保

三井住友海上あいおい生命、がん対策推進企業アクションにおいて、「がん対策推進パートナー賞(検診部門)」を受賞

生保

三井住友海上あいおい生命、組織改編および役員人事異動を発表

生損

アクサ・ホールディングス・ジャパン、2020年度(令和二年度)第3四半期末の連結業績を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、代理店・お客さまの請求申出にAIによる「自動音声応答サービス」を導入

生保

FWD富士生命、2020年度 第3四半期の業績を発表

生保

東京海上日動あんしん生命、2021年3月期 第3四半期決算を発表

生保

SBI生命、2020年度第3四半期(4月1日~12月31日)の業績を発表

損保

東京海上ホールディングス、2021年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、『マネーフォワードME』、三井住友海上あいおい生命の個人年金保険(確定年金)と連携を開始

関連商品