シンニチ保険WEB

ソニー生命、告知サポートダイヤルを設置

ソニー生命は、お客さま(被保険者)が告知の際に面前の担当者へ伝えづらい傷病や既往歴等の内容について、告知後に直接、同社本社に告知できる「告知サポートダイヤル」を2020年10月19日に設置した。
お客さま(被保険者)心理に配慮した本サポートダイヤルの設置により、お客さま(被保険者)が告知事項を面前の担当者へ伝えづらいことに起因した告知もれや不告知による告知義務違反の発生を抑制することができる。
同社は、「日本中のお客さまを一生涯お守りする」という思いのもと、今後もお客さまの期待に応える新しいサービスの拡充に努め、お客さま本位の業務運営を推進していく。
■告知サポートダイヤルの概要
1.お客さま(被保険者)による同社本社(医務部門)への告知補足
①担当者がお客さまに「告知サポートダイヤル」を案内。
※本サポートダイヤルを利用する場合でも、告知書の提出は必要である。
②告知時に伝えづらい内容があった場合は、お客さまから同社カスタマーセンターへ電話する。
③同社カスタマーセンターから同社医務部門へ情報を連携。
④同社医務部門がお客さまへ電話連絡。
⑤お客さまから告知時に伝えづらかった内容を告知する。
2.同社本社(医務部門)による告知聴取後の流れ
①お客さまから告知した告知事項を同社医務部門が専用帳票に書き起こし、お客さまへ送付。
②お客さまに到着した専用帳票に記載された内容を確認し自署したうえで、同社医務部門へ返送する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を大分県の保育園および山形県の幼保園へ寄贈することを決定

損保

損保ジャパン、「リモートプロフェッショナルチーム」を組成

生保

SBI生命、保険料決済で「au PAY」に対応

損保

三井住友海上、「あおり運転の疑い」検知機能の提供開始

生保

ソニー生命、2020年度第2四半期(上半期)業績を発表

損保

東京海上日動、自動運転中事故での保険料負担を軽減する取扱いを実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、外国語に対応した募集ツールの提供種目を拡大

生保

アクサ生命、『Emmabyアクサ』で新たなデジタル体験を創出「脳トレ」オリジナルメニューも搭載

損保

三井住友海上とマクニカネットワークス、IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険を一体で提供

損保

アイペット損保、ペット共生型賃貸集合住宅を開発

関連商品