シンニチ保険WEB

大樹生命、東京都が発行するグリーンボンドへ投資

大樹生命は、東京都が発行する「東京グリーンボンド」への投資を実施した。
グリーンボンドは、環境事業に要する資金を調達するために発行する債券で、本債券は国際資本市場協会(International Capital Market Association:ICMA)が定義する「グリーンボンド」に適合していることが、第三者評価機関であるISS ESGから取得したセカンドオピニオンにて確認されている。
東京グリーンボンド発行による調達資金は、気候変動への適応、スマートエネルギー都市づくり、生活環境の向上に関連した事業等に充当される予定である。
◆本債券の概要
名称   東京グリーンボンド(30年)第4回債
発行体  東京都
格付   A+(S&P)
発行総額 100億円
償還期間 30年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「COVID-19ワクチン債」の発行、引き受けならびに投資を実施

生保

大樹生命、HDI格付け最高ランク『三つ星』評価7年連続で獲得

生保

明治安田生命、テムズウォーター・ユーティリティーズ・ファイナンスが発行する「グリーンボンド」に投資

生保

朝日生命、ミローバ社が運用するサステナブル株式ファンドに投資

生保

第一生命、【InsTech】iYell 株式会社に投資

生保

日本生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

生保

第一生命、介護付有料老人ホームへ投資

生保

太陽生命、「森ビル株式会社」が発行する「グリーンボンド」への投資を実施

生保

太陽生命と大同生命、東京都が発行するグリーンボンドへ投資

生保

プルデンシャル生命、国立大学法人東京大学が発行するソーシャルボンド「東京大学FSI債」へ投資

関連商品