シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、健康応援リサーチ「貯蓄の日」「ステイホームで変化したお金の使い道と健康意識」に関する調査を実施

SOMPOひまわり生命は、新型コロナウイルス感染症の流行が人々の生活にどのような影響を与えたのか、「貯蓄」と「消費」、「健康意識の変化」の視点でアンケート調査を実施した。その調査結果について公表する。
1.背景
10月17日は「貯蓄の日」である。「働いて得られたお金を大切にしよう」という思いを込め、1952年に日本銀行が定めた。その「貯蓄の日」を前に、今年9月には「家庭でお金を貯蓄に回す割合」が19年ぶりの高水準になったとの推計が発表された*。
新型コロナウイルス感染症の流行による外出自粛前後での貯蓄率の変化や、貯蓄に回らなかった分のお金の使い道、そして新型コロナウイルス感染症で高まった健康意識が、人々に具体的にどのような健康行動を促したのかを聞いた。
*内閣府推計家計可処分所得・家計貯蓄率四半期別速報(2020年1-3月期速報値)より
2.調査結果サマリー
①新型コロナウイルス感染症の流行を機にした貯蓄率の変化~「変わらない・減った」が約9割~
■昨年の同じ時期(2019年2~9月末)と比較して、今年の「~4月初旬(緊急事態宣言前)」「4月初旬~5月下旬(緊急事態宣言中)」「5月下旬以降(緊急事態宣言解除後)」で貯蓄率は変わらない、もしくは減ったと回答した人は、通期で全体の約9割を占めた。ただし、内訳では、緊急事態宣言発令(4月初旬)を境に、「減った」と答えた人の割合が増加する傾向がみられた。
■「増えた」と回答した人の割合は、世帯年収700万円以上、年代では20代で高め。「減った」と回答した人の割合は、年収200万円未満の層で高めとなった。
②新型コロナウイルス感染症の流行による、お金の使い方の変化~家外から家中へシフト~
新型コロナウイルス感染症によるお金の使い方の変化をたずねたところ、「家外消費」が減り、「家中消費」が増えた状況が見て取れた。
③健康に対する意識と行動の変化~高まる意識を新たな健康習慣として実行に移したのは20代で最多~
■新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに、約7割の人が「健康に対する意識が高まった」と回答。
さらに、実際に高まった健康意識を行動に移した割合を見てみると、世代が若いほど実行に移している割合が高い傾向がみられ、20代は56.0%と、全世代で最も高い結果となった。
■新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに取り入れた健康習慣を見ると、食事・運動・睡眠という基本的な日常生活の質を上げることがまず着目された様子。
■一方で、「これから取り入れたいこと」では、「オンライン・映像・ゲームを活用した自宅での運動」など、新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに注目を集め始めた健康習慣も上位に挙げられ、ニューノーマル時代の新しい健康投資の姿が垣間見えた。
3.調査概要
調査対象:全国の20代~60代の男女1,000名(各性、年代100名ずつ)
調査手法:インターネット調査
調査期間:2020年9月30日~10日2日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、オンライン接客に関する調査を公開

生保

SOMPOひまわり生命、『コロナ禍における働き方への対応と禁煙推進』へ協賛・参加

生保

SOMPOひまわり生命、2020年度第2四半期(上半期)業績を発表

生保

大同生命、アンケート調査「大同生命サーベイ」を実施

生保

明治安田生命、「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート「勤労感謝の日・仕事」を実施

生保

SOMPOひまわり生命、静岡県浜松市における実証事業「デジタル技術&ヒューマンタッチによる血糖コントロール」を開始

生保

SOMPOひまわり生命、「コンタクトセンター・ワールドアワード2020」アジア・パシフィック大会にて金賞を受賞

生保

SOMPOひまわり生命、HDI格付けベンチマーク「Webサポート」および「問合せ窓口」で最高評価『三つ星』を獲得

生保

SOMPOひまわり生命、中条あやみさん主演映画『水上のフライト』に協賛

関連商品