シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、『自分で使える終身保険』を発売

三井住友海上プライマリー生命は、『自分で使える終身保険』(引出自在型終身保障特約付通貨選択利率更改型逓増終身保険)を、8月24日に三井住友銀行にて発売する。
本商品は、一時払保険料相当の死亡保障を契約通貨建てで確保しつつ、契約の2年後に死亡保障が増える外貨建て終身保険である。
特長として、契約の2年後から、増えた死亡保障額の範囲内で、「自分で使える引出部分」として、自由に引き出すことができる業界初※1の機能を備えている。
この機能により、家族のために「のこす」ニーズだけでなく、自身の今後の楽しみのために自由に「つかう」ニーズにも応える魅力ある商品となっている。
なお、本商品のプロモーション施策として、ヤフーが運営するポータルサイトYahoo!JAPANに、同社では初となるデジタル動画広告を9月10日から配信する。
※1 契約初期費用ならびに解約控除や市場調整※2がかからず※3、増えた死亡保障額の範囲内で自由に引き出すことができる機能が業界初となる。三井住友海上プライマリー生命調べ(7月末時点)。
※2 この保険は、主に契約通貨建ての債券で運用しており、解約時などに、その価値の変動を、解約払戻金に反映する。このしくみを「市場調整」という。
※3 引出金を円で受取る場合は、所定の為替手数料がかかる。
◆『自分で使える終身保険』の主な特長
<特長1>契約の2年後から一定額を自由に引き出して使える。
・契約の2年後から、「自分で使える引出部分」の全額または一部をいつでも引き出せる。
・引出しにあたっては、解約控除や市場調整はかからない※。
※引出金を円で受取る場合は、所定の為替手数料がかかる。<特長2>一時払保険料相当額(契約通貨建)を死亡保険金として家族に遺せる。
・死亡保険金として、契約通貨建てで一時払保険料相当額を家族に遺せる。
・「自分で使える引出部分」を全額引出さずに死亡した場合、残りの金額を死亡保険金として支払われる。
<特長3>契約者が意思表示できない場合、家族が引き出せる。
・指定代理請求特約を付加※することで、契約者が傷害または疾病等により、請求する意思表示ができない場合、あらかじめ指定された「指定代理請求人」が受取人にかわって「自分で使える引出部分」の引出金を請求できる。
※契約者(引出金受取人)=被保険者の契約に限る。
・指定代理請求人名義の口座を指定することも可能である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「知的財産権賠償責任保険」の販売開始

損保

三井住友海上、グリーン電力証書安定供給支援保険を発売

生保

明治安田生命、ベストスタイル健康キャッシュバック 発見と予防のWサポートを発売

損保

三井ダイレクト損保、SBI損保へ「総合バイク保険」提供開始

損保

アクサ損保、SBI損保と代理店委託契約を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、新型コロナワクチン接種に携わる医療従事者向け傷害保険の提供を開始

損保

三井ダイレクト損保、7月に商品改定

損保

損保ジャパン、ワーケーションの普及を支援する新商品を発売

生保

第一生命、ミレニアル世代向け新たな商品ブランド「デジホ」リリース

生保

太陽生命、イオン銀行にて「My介護Bestプラス」の販売を開始

関連商品