シンニチ保険WEB

T&Dフィナンシャル生命、円ならではの安心感で「ふやしてのこす」&「そなえる」『生涯プレミアムジャパン5』を販売開始

T&Dフィナンシャル生命は、『無配当終身保険(積立利率更改・Ⅲ型)/販売名称「生涯プレミアムジャパン5」』を開発し、2020年9月1日より販売開始する。
「生涯プレミアムジャパン」シリーズは、「自身でつかうお金」と「家族にのこすお金」を準備できる円建の終身保険である。
今般、介護や認知症に対する保障意識の高まりを受けて、これまでの介護認知症年金支払移行特約に加え、公的介護保険制度「要介護4以上」に認定または「所定の認知症」と診断確定された場合に死亡保険金を前払いする「介護認知症前払特約」を新設した。
また、これまで負担していた初期費用を不要とするとともに、「高額割引制度」の取扱いを開始する等、より幅広いお客さまニーズに応えられよう商品内容をリニューアルした。
今後も引続き、お客さまの視点に立ち、お客さまにとって魅力的な商品・サービスの提供に努めていく。
■「生涯プレミアムジャパン5」のポイント
Point1 軽度から重度までの介護・認知症に備えられる
・「介護認知症年金支払移行特約」の付加により、公的介護保険制度「要介護1以上」に認定または「所定の認知症*1」と診断確定された場合、解約払戻金をもとに、死亡保障に代えて介護認知症年金を生涯にわたり受取ることも可能である。
・「介護認知症前払特約」の付加により、公的介護保険制度の「要介護4以上」に認定または「所定の認知症*2」と診断確定された場合、死亡保険金額*3の全部または一部を原資として介護認知症前払保険金を受け取れる。
*1、2 所定の認知症についての詳細は次頁を参照。
*3 累積追加額がある場合には、その金額を除く。
Point2 契約時に初期費用の負担がない
・これまで契約時にお客さまに負担していた初期費用をなくした。
なお、契約時の基本保険金額は一時払保険料と同額になる。
Point3 高額割引制度により、高い積立利率が適用される
・基本保険金額2,000万円以上*の場合は、高額割引制度により高い積立利率が適用され、追加額・定期支払金額を充実させることができる。
*基本保険金額が2,000万円以上の契約を、2,000万円未満に減額(特約による保険金請求の場合を除く)した場合、減額後の積立利率はご契約時より低くなる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、弁護のちから「コロナ被害相談プラン」を販売

生保

ニッセイ・ウェルス生命、足利銀行を通じ『はじめての介護』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、東海東京証券を通じ『終身保険プレミアム医療プラス』、 『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、セキュリティ対策支援をパッケージ化した中小企業向けサイバー保険の提供開始

生保

チューリッヒ生命、収入サポート保険「くらすプラスZ」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、マーケットリンクの資産運用関係費用引き下げ・介護移行取扱を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、名古屋銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け防災・減災サービス「かぞくの災害掲示板」の提供を開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0円”に「筑邦銀行がお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「リトルファミリー少額短期保険株式会社」を開業

関連商品