シンニチ保険WEB

第一生命、国連責任投資原則(PRI)2020年アセスメント結果を公表

第一生命は、責任投資(ESG投資およびスチュワードシップ活動)の取組みを持続的にレベルアップするため、2015年に責任投資のグローバルスタンダードである国連責任投資原則(以下「PRI」)に署名している。今般、2020年のPRI年次アセスメント(評価期間:2019/1~12)の結果が判明した。
同社は、2018年、2019年に続き、3年連続で全ての分野においてPRI署名機関※1の中央値を上回る評価を得ている。特に、戦略とガバナンス、上場株投資、スチュワードシップ活動および不動産投資の4つの分野において最高評価であるA+を獲得した※2。
※1 グローバルで3,232社、日本国内で85社(2020年7月31日時点)
※2 スチュワードシップ活動および不動産投資については3年連続で最高評価のA+を獲得
詳細:https://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2020_037.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、『サラリーマン川柳コンクール』応募受付を開始

生保

第一生命、「ショップディズニーオープン記念プレゼントキャンペーン」を実施

損保

MS&ADホールディングス、CVC「GCVパワーリスト賞2020」のトップ100に選出

生保

第一生命、SDGsリース『みらい2030TM』向け融資を実施

生保

T&Dフィナンシャル生命、『生涯プレミアムジャパン5』のパンフレットでUCDA認証「見やすいデザイン」を取得

損保

SOMPOホールディングス、「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020」に選定

損保

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、「DX注目企業2020」に選定

生保

日本生命、国連責任投資原則 年次評価にて4分野で最高評価「A+」2年連続獲得

損保

AIG損保の「水災時のドローンを活用した浸水算出モデル」「中小企業の事業継続とリスクマネジメント支援」の2つの取組みが「Insurance Asia Awards 2020」で受賞

生保

第一生命、営業品質の標準化と生産性向上に向けた実証実験を開始

関連商品