シンニチ保険WEB

T&Dフィナンシャル生命、十六銀行にて「みんなにやさしい終身保険」の販売を開始

T&Dフィナンシャル生命は、8月3日より、十六銀行にて、『無配当終身保険(死亡保険金額増加・Ⅰ型)~販売名称「みんなにやさしい終身保険」~』の販売を開始する。
「みんなにやさしい終身保険」は、医師の診査や健康状態の告知なしで、コースにより最長95歳まで加入できる一時払終身保険である。
◆「みんなにやさしい終身保険」の主な特徴
①通貨分散コースと円貨コースから選べる。
・通貨分散コースは、「ふやす期待を高めたい外貨50%プラン」と「安定感も保ちたい外貨25%プラン」から選択可能。
・円貨コースは、円貨100%プラン。
②解約払戻金額、死亡保険金額の増加が期待できる。
・通貨分散コースは、外貨と円貨を組み合わせた通貨分散効果により解約払戻金額の増加が期待できる*1。また、死亡保険金額は契約時に一時払保険料を上回り、5年後、10年後に増加を期待できるしくみがある。
・円貨コースは、期間の経過とともに解約払戻金額が増加する*2。また、死亡保険金額は契約時に一時払保険料を上回り、5年後、10年後に増・通貨分散コース、円貨コースともに金利変動リスクとなる市場価格調整はない。
*1通貨分散コースの場合、対象となる為替レートの変動により、一時払保険料を下回る可能性があるす。
*2円貨コースの場合、契約から一定期間の解約払戻金額は一時払保険料を下回る。
③健康状態の告知なしで、最長95歳まで申込みできる。
・通貨分散コースは95歳まで、円貨コースは80歳まで加入可能。職業について告知が必要だが、医師の診査や診断書の提出等は必要ない。
・基本保険金額が2,000万円以上の場合は高額割引が適用され、保険金額等を充実させることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、弁護のちから「コロナ被害相談プラン」を販売

生保

ニッセイ・ウェルス生命、足利銀行を通じ『はじめての介護』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、東海東京証券を通じ『終身保険プレミアム医療プラス』、 『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、セキュリティ対策支援をパッケージ化した中小企業向けサイバー保険の提供開始

生保

チューリッヒ生命、収入サポート保険「くらすプラスZ」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、マーケットリンクの資産運用関係費用引き下げ・介護移行取扱を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、名古屋銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け防災・減災サービス「かぞくの災害掲示板」の提供を開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0円”に「筑邦銀行がお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「リトルファミリー少額短期保険株式会社」を開業

関連商品