シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、平準払の個人年金保険『あしたも充実』最低払込保険料に関する取扱いを一部変更

三井住友海上プライマリー生命は、お客さまの「長期・積立・分散投資」をサポートする平準払の個人年金保険『あしたも充実』について、2020年7月13日から、最低払込保険料に関する取扱いを一部変更する。
『あしたも充実』は、保険料払込期間にわたって、毎月一定額の保険料を円で払込み、外貨に換算して積み立てた年金原資をもとに、年金を受取ることができる個人年金保険である。長期間にわたり定額の円を毎月外貨に換算する「ドルコスト平均法」のしくみによって、為替リスクの低減が期待できる。さらに、「トンチン性」のしくみ*を活用することによって年金原資をより大きくする工夫がある。
本商品の毎月の払込保険料については、従来、月額1万円以上かつ払込期間中の総額を300万円以上としていたが、今般、払込総額に関する取扱いを廃止する。これにより、払込保険料の総額にかかわらず月額1万円から加入できるようになり、幅広い年齢層で、お客さまのライフプランや準備資金の状況に応じた資産形成に役立てられる、これまで以上に魅力ある商品となっている。
同社はこれからも、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に則り、お客さまニーズにきめ細かく応えるとともに、お客さまの「元気で長生き」を支える魅力的な商品・サービスの提供に努めていく。
*「トンチン性」とは、「死亡した方の保障を抑え、その分を生きている他の方の年金に回すしくみ」により、長生きした人ほど、より多くの年金を受取ることができる保険の性質を指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、北海道銀行のマイカーローン等にがん保障付き団信を提供開始

損保

日新火災、自動車保険『ユーサイド』を改定

生保

T&Dフィナンシャル生命、円ならではの安心感で「ふやしてのこす」&「そなえる」『生涯プレミアムジャパン5』を販売開始

生保

カーディフ生命、北陸銀行のマイカーローンにがん保障付き団信を提供開始

損保

三井住友海上、「WEB会議システム」向け専用サイバー保険を提供

損保

東京海上日動、中小企業向け表明保証保険「M&ANEXT」の販売開始

損保

損保ジャパン、フィールド・パートナーズとのアスベスト含有建築物解体工事にかかる費用保証に対する保険契約締結

損保

SBI損保、コメリカード会員へ「SBI損保のがん保険」団体保険のサービスを開始

生保

PGF生命、百五銀行で「認知症給付特則付介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」の販売を開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、SMBC日興証券を通じ、『NK介護セレクト』を販売開始

関連商品