シンニチ保険WEB

明治安田生命コロナ禍における子育て世帯への緊急アンケート調査を実施

明治安田生命は、緊急事態宣言解除から1週間後の時期を捉え、0歳から6歳までの子どもがいる既婚男女に対して、外出自粛規制(ステイホーム)中の子育てに関する意識の変化等についてアンケート調査を実施した。
【ステイホームの影響により見えた、夫婦間の意識の“差”】
■夫は子育ての時間が増え、子どもとの絆が深まったと実感、一方で、妻は子育てや夫への対応でストレスが増加か。
・ステイホーム期間において、子育て時間に変化があったか聞いたところ、男性の45.4%が子育て時間が「増えた」という結果に。
・ステイホーム期間を終えて、夫に自身の子育てに意識変化があったかを聞いたところ、「積極的に子どもの面倒をみるようになった」(20.9%)や「子どもとの絆が深まった」(18.5%)等の前向きな回答が約7割、ステイホームが夫の子育てに好影響。
・一方で、妻は「子どもにイライラすることが多くなった」(22.0%)や「配偶者の育児にイライラすることが多くなった」(11.3%)等、子育てへのストレスが感じられる意見が約4割を占める結果に。保育園の休園、夫の在宅時間の増加等により、自身の子育てのペースが崩れ、妻はストレスが増加。
・ステイホームにより、子育てに好影響があった夫と、子どもや夫にイライラが増加した妻とで意識の“差”が鮮明になる結果に。
■子育て世帯全体でのテレワーク実施者のうち、約9割が今後もテレワークを望む。一方、テレワークをした夫をもつ専業主婦の約4人に1人は、夫のテレワークを望まず。
・子育て世帯(専業主婦除く)でステイホーム期間中にテレワークを行なった人は「33.5%」、そのうち「88.8%」の人が、今後もテレワークを行ないたいと回答。
テレワークを新しい働き方として望む結果に。
・テレワークの継続を望む理由としては、「仕事の合間に子育ての時間が取れて便利なため」(33.8%)が最も多く、子育てと仕事の両立が図りやすいと多くの人が実感。
・一方で、テレワークをした夫をもつ専業主婦の約4人に1人は、夫のテレワークを望まず。
・夫のテレワークを望まない最も多い理由は、「夫がずっと家にいることで家庭不和になり子どもに悪影響なため」(36.4%)、次いで「夫が子育てと仕事の時間のバランスが取れていないため」(27.3%)となり、夫が家庭で仕事をすることに苛立ちや違和感が!?

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、鳥取県米子市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、大阪府和泉市と「包括連携協定」締結

生保

明治安田生命、全国健康保険協会 宮崎支部と「健康経営の普及をめざした相互協力・連携に関する連携協定」を締結

生保

明治安田生命、茨城県守谷市と「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、2020年11月期「地元アスリート応援プログラム」若手アスリート21名への支援を開始

生保

明治安田生命、埼玉県東松山市との「まち・ひと・しごと創生に関する協定」を締結

生保

明治安田生命、愛知県豊川市と「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施

生保

明治安田生命、テムズウォーター・ユーティリティーズ・ファイナンスが発行する「グリーンボンド」に投資

生保

明治安田生命、「みんなの健活プロジェクト」のこれまでの実績を発表

関連商品